c71の一日

生活の記録

伊予かん

伊予かんが好物なので、スーパーマーケットで購入した。

何の気なしに買ったけれど、伊予かんを向いたとたん、郷愁にとらわれた。

母は、伊予かんが好物で、冬になれば伊予かんを切らしたことはなかった。わたしは何の心配もせずに、飽きるまで存分に食べ、もしくは、あまりにも好きなので節約して食べた。
わたしはおいしいものを食べさせてもらって育てられた。

香りや、酸味。瑞々しい感触。幼い頃を思い出す。平和なひとときもあったのだと。

ふいに、帰りたいと思う。

けれども、わたしは帰らない。
けっして。

広告を非表示にする