c71の一日

生活の記録

苦手な生徒さんがいます

苦手な生徒さんがいます。


悪い子ではないのですが、とても気を使うので、仕事が終わると頭痛がします。

たった二時間だけなのに、こんなに疲れるのだと思います。

発見が二つあって、苦手なひとがいて嫌だなと思っていても、生徒さんが増えると、その生徒さんの総数で、嫌さが薄まるということです。

それに嫌でも、短時間なので、助かります。

もしもフルタイムの会社員だったら、苦手なひとがいたら、1日付き合わなくてはなりません。

それがないので、たいへんすばらしいと思います。

わたしにはやっぱり会社勤めは難しそうです。

それにしても、外はジャスミンの香りでいっぱいです。

今まで意識していませんでしたが、幸せとはこういうことに気づく余裕なのかもしれません。

広告を非表示にする