c71の一日

生活の記録

自閉症スペクトラムの人が書いた本

自閉症スペクトラムの人が書いた本は少ないなーと思う。

どの本も、自閉症スペクトラムの人を、サポートする人のために書かれた本ばかりだ。自閉症スペクトラムの人を観察した人の本もたくさんある。

でも、自閉症スペクトラムの人が、自分で考えていることだとか、周りとの軋轢とか、そういうものが書かれているものが、もっと増えればいいと思う。

それは、大事件である必要はないけれど、でも小さいステップでつまづくことはたしかなのだから、その小さいステップを細かく見つめた本があってもいいなと思う。

そうすると、自分は一人じゃないな、と思えるし、自分の何が困っているのか見つめることで、対策や工夫を思いつくようになるからとても良いことだと思う。

わたしは、発達障害でも、人との関係で、致命的というほどではなくて、比較的困らなかったのは、言語能力や表現能力があって、自分の気持ちを比較的正確に伝えることができて、相手の人も、この人に対しては、きちんと口で言わないとわからない人なのだ、とわかってくれやすかったのだと思う。

広告を非表示にする