読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

伴侶が欲しいことがわかりました

伴侶が欲しいと思うようになりました。


おととい、お見合いをしたのです。
お見合いというよりも軽い感じだったのですが、お見合いです。


大変年の離れた方だったのですが、とても良い方でした。
わたしは、年が離れていることよりも、この人にわたしの障害を受け入れてもらえるか、心配でした。
普通の家庭を求めているかもしれないから。
そうしたら、わたしは、求められているものを返せないです。


わたしは、まだまだ、生活のいろいろなことができないし、二次障害も治っていないし、自分に地震がありません。
そのことが浮き彫りになりました。


相手の人に、障害のことを話すときにはドキドキしました。
お互い、考えましょうと言って別れました。



帰ってから、頭の中がごちゃごちゃして、何も考えられませんでした。
あの方と家庭を持つことがピンと来なかったと言うか、わたしはそこまで家庭を持ちたいのだろうか、死ぬまでご一緒して、一緒に年を取りたいのだろうか、と自問自答しました。



人柄が素晴らしい方だったのです。どういう方がいらっしゃるのか、とても不安だったのですが、一目見て好感を持ちました。その好感は、どうしても、この方と結婚したい、というものとは遠かったのですが、一緒にいてもいやではない、と思いました。まじめな方でした。



ただ、わたしはこの方に釣り合わない、自信が持てない、という気持ちが出ました。引け目があります。


家庭に持つイメージは似ていました。1人でも生きていられるけれど、二人ならもっと楽しいだろうと。


ただ、わたしは自信がないのです。わたしは本当に家庭を維持することができるのだろうか、人と暮らせるのだろうか、1人の人をずっと愛せるのだろうか。
この方は、わたしを受け入れるだろうか。できないことを許してくれるだろうか。


わたしを受け入れて、わたしが受け入れることのできる人と出会えるのか。わたしは、どんな気持ちになったら、結婚したいと思うのだろう?


わたしは、お見合いをして、結局、わたしは自分のことができないから、自信が持てないのだな、と思いました。
だから、出会っても、決断ができないのです。


ただ、お見合いをして、わたしは本当に伴侶が欲しいのだな、とわかりました。それはよかったです。

広告を非表示にする