読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

冷たい、そして、好きになったり好かれたり

わたしは冷たいのです。
親しくなった相手を、不思議なタイミングで拒絶するようです。
わたしは、自分の都合を尊重します。
だから、人に合わせないときがあります。
そうすると、決まって、「冷たいですね」と言われます。
その直前には、「あなたのことが好きです、憧れます」と言った相手が同じ口で「冷たいですね」というのです。


自分の自由は、戦わないと得られないものです。
戦いは、拒絶を含み、攻撃も含みます。
親しい相手こそ、わたしの領域に入り込もうとします。
だから、わたしはさみしいことも、孤独なことも好きです。
それは安心であり、安全であって、自分を取り戻す時間だからです。
それでも、ときどき、人とふれあいたいと願う時間が訪れます。
わたしはバランスをとろうとします。


また、わたしは異性とご飯を食べにいったりするし、旅行も行きます。

それは許可を誰かにとってするようなことではないと思います。人によって、恋人になる人はそれをいやがるひともいるようです。それを恋愛関係の危機ととらえるひともいるようです。
だけれども、人類の半分は異性ですし、そして、同性だからと言って恋愛が発生しないわけでもないので、何もかも安全策をとれば、誰とも会話しない、誰にも会わないのが、恋人に対して一番良いと言うことになりかねないのです。


わたしのことを、好いた人がいたとしても、わたしが好きだと思い返さなければそれは無効です。
そして、わたしがその人を好きだと思い返したとしても、それまでの恋人に関心がなくなるかと言えばそうではないと思います。

わたしは何年かかけて、自分の自由を尊重して解放することを学んだので、人に、わたしの行動をわざわざ許可してもらうことをいやがるのです。自分の意志で、相手が望むように、自分を矯正することも望まないのです。自分で判断してと言われることを忌避します。それならば、命令された方がずっと良いです。そうしたら、傲慢さの責任の所在がはっきりするから、まだしも好感が持てます。


それが実際にできるかどうかはどうでもよくて、自分自身で決められるかどうかが、大事です。それに、対して「しても良いと思う」と言われたら、それはすでに台無しです。自分で決めて、自分の稼いだお金で行動する、これが心の自由を保障するのです。


どんなに大事な人であっても、好きな人であっても、わたしの心もからだも自由にはならないのです。
過去も未来も誰のことも約束も束縛もできない、だけど、今一緒にいる相手のことを楽しませたいと思うのです。
わたしは好きな人が食事に行こうと旅行に行こうと関心がありません。
それは、相手のことに興味がないからと誤解されることが多いのですが、尊重したいからです。
その人の選択と人生を尊重したいからです。


好きになっても好かれても、相手の行動半径を、狭めることがあってはいけないと思います。お互いの範囲を広くすることがあっても、狭くするのだったら、一緒にいる意味がないとすら思います。


わたしは、母を捨てて、ようやく人生の自由を勝ち取ったのですから、やすやすと誰かにわたしの人生を渡すことはできないのです。そうしたら、魂が死んでしまいます。魂は死んではいけません。


わたしはブログをやってから、人に文章を褒められることが続きました。
そして、わたしの人柄も評価してくれるひともいるようです。



だけども、わたしは普通の人です。人格者でもないし欠点が多い人間です。
表現力が高いことと、人間的に素晴らしいかどうかは、別に関係がないと思います。


わたしはなるべく自分を自由でいさせたいと思います。
依存したりされたりする関係はもういやです。

自分がわからなくなって、人を愛しているのかどうか、それが愛なのかどうかを思い悩むのはいやです。

わたしは自分が誰にも期待されていないと思っていたい、その自由を噛み締めていたいのです。
相手に期待をしないし、期待されることを愛だと勘違いしない、その心身の健康を守っていきたいと思います。

つらいときには、誰にも期待されていないのだから、自由にして良いのだ、と思うことは、リフレッシュになります。
仕事上ではわたしは、期待されています。期待している人がいるからお金が発生するのです。
でも、ひとたび家に帰れば、わたしはひとり、自由で、誰にも期待されずにすみます。
お金の発生しない時間を、まるまる楽しむことができるのです。
桃をむいたり、カップ麺を食べて後悔したり、サラダを食べたりするのです。


そうして、自分を取り戻すのです。
自分の感覚はお金で売れないものです。愛によって譲り渡してもいけないものです。
愛の顔をしたものは毒です。
愛という名で、柔らかく支配して、わたしの首を絞めて、どこへも行くなとささやくのです。

わたしは断固拒絶します。
好きになった人を好きでいるために、わたしは好きな人のいうことを聞かないでしょう。
そのせいで、道が分かれたとしても、それは譲れないことなのです。わたしのかたくなさが、わたしの可能性を狭めたとしても、それよりも、わたしは自分の心の動きに、他人が許可を出す、という状況が許せないのです。


わたしは、支配されていたあの頃に戻りたくないのです。それには決別が含まれます。
わたしは冷たいのです。非情な子だと評価した人々をわたしは捨てました。
冷たいことは良いことなのです。
温かく腐らせるよりも冷たく自分を保存していたいものです。



冷たいわたしを、自分で誇らしく思います。

広告を非表示にする