c71の一日

生活の記録

親切風でも抑圧的に感じるコメントへの感想


!さんからのコメントに対してのコメント返し - ある精神病患者の一日


ちょっと寝たから体調よくなって、頭が回ってきました。今四時半だけど。九時から仕事だけど。

こういうコメントがあって、親切風だけど、なんかやだなーと思いました。
良いサンプルなので、雑感を書きたいと思います。


ちょっと落ち着いたぽよ。

追記:もう、すっきりしたので、こういうリプに対して、直接返事することはしないよー。
全部レスして気がすんだ。






>ブログを見ていて思ったのですが、管理人さん自体にヴァルネラビリティを感じました。そしてそれを悪化させ、他者を煽っているのは他ならぬ管理人さん。つまりは火をつけるのも、そこにガソリンをぶっかけているのも管理人さん自身ではないかと(このことを発達障害がそうさせるのか、元からそういう性質なのかは知りませんが)
それと会場製本は周囲の迷惑になるので控えた方が良いと思います。



わたしに弱さ、攻撃されやすさがあると指摘しているんですね。
それって、どうなんでしょう?
わたしは凄まじくいやな感じを受けました。「あなたは攻撃されやすいし、火に油を注ぎますよ」といってわたしが言いたいことに口を蓋をする感じだなあと思いました。
わたしはあなたのためを思って!という言い回しがすごく嫌いです。母親っぽいからです。
親切を装っていますが、結局のところ「だまったほうが身のためだ」というメッセージを送っているので(と感じた)、いやだなあと思いました。
それと、わたしが記事を書くことと、会場製本のことは関係がないです。それを持ち出すのって、やっぱりだなあ、と思います。
ていうか、文学フリマ事務局の人ではないですよね?会場の人でもないですよね?
そういう排他的な要素が当たり前みたいに書くのは良くないと思いました。末尾に書くと攻撃的な感じがしますし。正しいことを言ったとしても。



そこで、こういう文章を書きました。
この時点で、嫌がらせなのかどうなのか、わたしは理解できなくて、非情に苦しい思いをしました。
敵意なら敵意で、受け入れるんですけど、わからないと「わたしはやっぱり感情的な読解力がないんだ、本当はすごい親切な人なのかもしれないのに」と思って無駄に疲れました。




>コメントありがとうございました。
けんか腰で言っているのか、親切で言っているのか。わたしには理解できません。
ヴァルネラビリティって、傷つきやすさのことなんですね。誘発するって書いていました。

わたしは、怒っているんです。フェミニストを名乗る男性が、アンチフェミニストになると、言ったことに対して怒っているので、それについて起きたことに関しては全部怒っています。だから、こういう行動に出ています。

それと会場製本の件はこのことに関係ないと思います。いやな感じがします。やめてください。周囲って誰ですか?具体的には両隣の人のことだと思いますが、わたしは両隣の人に謝ったし、撤去の手伝いもしました。迷惑はとんとんだと思います。
迷惑だと言いたかったら所属と名前を明らかにして当日言ってください。


あと、なんだかいやな気分になったので、二度とこのブログ読まないでください。よろしくお願いいたします。



それに対して、

フェミニスト云々につきましては、そのアンチとやらを擁護するわけではありませんが、あれだけ過激なことを仰ったのですから批難前提での記事としか思えません。それに私自身が感じたことなのですが、あの件については「フェミニスト」という区分で問う事柄ではないと思います。「非モテ」という言葉を利用して理論らしきものを展開させているようで、実際は管理人さんは単に特定の方々を傷つけているように感じました。
文句があれば当日に言えと仰いますが、会場製本をすべきでないのは即売会において一般的に基本と呼ばれるルールです。断りや撤去というして当然のことをして、それでとんとんだなんて。所属だのは書いたところで、どうするおつもりなのでしょうか。糾弾でもなさるようにしか思えません。管理人さんのお返事の喧嘩腰さにそう感じました。


こういうレスがかえってきました。


自分が正しいと思ったら、名前を名乗るのは便宜上必要だと思いますが。
自分の身の上は明かしたくない、だけど、非難はしたい、ってこれは暴力だな、と思いました。

どうするつもり、って言っても、普通は、何か誰かに注意するときには、こういうものです、って名乗るのが、一般社会の「普通」だと思うだけなんですけど。


あと、まさにフェミニストに対して、アンチになるって書いてあるリンクに関して言及しているのに「フェミニストは関係ない」って言ってるのもとんちんかんだな、と思いました。


次のようなコメントを書きました。



 さん
非モテ、かつ、暴力を振るう、両方に該当する人ですが、非モテはともかく、暴力を振るう人について、なにか擁護すべき点があるのですか?わたしは非モテだったら、それを理由にして暴力を振るうのは良くない、と書きました。読みましたか?
この疑問文は修辞疑問文なので、返事をしないでください。
ローカルルールについてはわたしは存じませんし、文学フリマの迷惑行為のところに明記されていないため、あなたが言っている一般的に即売会においてと言われてもわかりません。
ところで、ここのローカルルールを決めるのはわたしです。一般的に、ブログ主がコメントに関することを決めると思います。ローカルルールを遵守されるあなたなので、二度と来ないで、二度と読まないでください、というのを遵守していただけたらと思います。

今回は、コメントを承認しました。けれど、次回からは違う対応となります。
なぜなら、わたしはあなたのことが嫌いだからです。親切風の言い方をして、内容が違うところが、誠実ではないと感じます。
そういう意味で、!さんとやりとりするのは、苦痛ではありませんでした。
あなたとは苦痛です。


なぜいやなのか、考えたのですが、初回のコメントの中で、人をヴァルベラリビティがある、と書くことは、保護者的な態度だから、抑圧に感じます。
文学フリマの迷惑行為についてもそうです。
わたしは抑圧と戦っているのですから、あなたの態度は、家父制そのものと感じて、息苦しいです。
あなたは誰でもないのに、わたしが書くものを牽制しようとしていると感じます。
比較してコメントするのは恐縮ですが、!さんは素直な方なので、やりとりするのは楽しいし、いやではありません。




結論としては、パターナルな態度って、内面化されていて、親切な皮かぶったまま、自分は常識人で正しい、って言えるので、自省をしにくいんだなあと思いました。
あと、二度と読まないでください、っていうのは通じないんだなあと思いました。
親切でなくて、ローカルルールを破りたいって、やっぱり攻撃的な意図だなあと思います。



試みに、攻撃的な人にレスをしていたのですが、やっぱり、わたしが、女性でそして、反応するからコメント書きたくなるみたいですね。
精神的痴漢、って言い方をしている人がいましたが、そんな感じなのかなあ、と思います。
わたしが女じゃなければ、こんなにレスつかなかったと思うんですよね。
良い経験をしました。

広告を非表示にする