c71の一日

生活の記録

精神病をバカにする人は愚かだ

わたしにはまったくわからないんだが、精神病を当たり前のようにバカにして良いのだ、と思っている人が実在するどころか、たくさんいるんだということが確認できた。


バカだなあ、と思った。


人の、ある属性を持って、反射的に「バカにして良い」と思える、というのが。


普段わたしは、他人のことをバカだと思わないが、思考停止して、「こういうものはこういうもの」「だからこうしていい」「おもちゃは壊していい」と思う人のことはバカだなあと思う。
自虐的だったり、自省している人のことを、上から、関係なく、傷つける言葉をわざわざ言う意味がよくわからなかった。


自分自身が何かされたわけじゃないのに、この人は誰かに迷惑をかけている(それも誤解だったりする)、だから、ひどいことをしても良い、という理屈が通っていない行動をとることができる、考えの道筋をたどれないと思った。

精神病だからと言って、どうして、バカにできるんだろう。


わたしには、ブログに書いていないだけで、自慢できることがたくさんある。
だから、病院行け、とか書かれても、全然傷つかなくてびっくりした。前、ホットエントリに入ったときには動揺した。今回は、ブックマークでコメントする人の多くが、愚かだと知っていたので、病院にも、もう行っているし?自己診断ではないし…そして、精神病だとバカにできると思う根拠はなんなの?バカなの?あと書いてあることは読みなさいよね、と思う。
自分が精神病じゃない、ってことくらいしか、自慢できることがないんだろうか…と思った。


自分を傷つけて、自虐的になっている人のことを見つけ次第、頭を踏んでいく人のことは下衆だ。下衆だと言うことに自分で気づけないのはさもしい。


精神病の人の中にも、愚かな人はいるし、愚かではない人もいる。病気じゃない人の中に、愚かな人がいて、愚かじゃない人もいるように。精神病だと言うことは、何かが欠けている、ということではないのだ。



広く知られているように、鬱病の人は、健常者よりも、世の中をより正確に見つめるから発症する、という説がある。


自閉症の人は、パターンや構造を見抜く力がある。
能力の出方が違っていて、マジョリティの人の築いた社会になじめないだけだ。



わたしは、自閉症かつ鬱病かつ不安、パニック、適応障害気分障害などが診断でつけられているけれど、誰かに非難されたりバカにされたりするような生活を送っていないつもりだ。



わたしはフリーターだし、転職して三年目だけれど、同じ年の女性の正社員と同じくらいは、おそらくお金を稼げている。住むところも広い。快適な暮らしをしている。ごはんもちゃんと食べている。
いろいろあって、貯金はできていないけれど、これからするつもりだ。


頭だって、悪くない、と思っている。

調べられる限り、数字に出る範囲では、どれも平均以上にできることがテストの結果、示されている。


ソーシャルスキルは低いけれど、それでも、自活している。


病気がひどいときには、引け目を感じて、おろおろしていたし、人から非難されると、それが事実のように感じていたけれど、今はそんな風に思わない。



わたしには欠点があるけれど、それと同じくらいいいところもある。


人や自分の、良いところを見ることができない人は、かわいそうだな、と思う。

人を責める言葉を使う人は、それを自分にも使ってしまうことが多いから、結局、自分の首を絞めることになるのだ。

広告を非表示にする