c71の一日

生活の記録

役に立つことなんてひとつもない

今度刑法についての解説の文章を書きたい。


今日書こうと思ったけれど疲れてしまった。

気分の飼いならし方にはだいぶ習熟した。ビギナーじゃないからな。


気がつけば最近抑うつ状態になることも少なく、体もいつも動く。
起きられない死にたい、ってのがなくなった。


いつも、目の前にあることだけを頑張る。
体を起こしたらめまいがするかもと思わないで、めまいがしたら寝れば良いから、とにかく今は体を起き上がらせることだけに集中するとか、ごはんをよく噛むことに集中するとか、仕事場に着くことだけを考えて、それができたら自分を褒めるとか、そういうことができるようになった。


病気ってことを認めて、弱いところをいたわって、自分をいじめないで、過ごすことができると、だいぶ楽になる。


役に立つことなんてひとつもない自分が生きていていいのかと思っていた。



だけど、自然物と人工のものを比べると、人工のものには作成したいとがあるから、意図がわかるんだけど、人間は自然物に含まれるから、そもそもなんで存在していて、なんで生きているのか、なんで理由を考えるようにいたったか、とかもわからない。

わからないままで良いと思う。



人間の一番だめなところは卑屈なせいで、自分の能力を低く見積もることだと思う。それは病だと思う。


役に立つことなんてひとつもない、だけど、自分をいつもいたわっていると、だんだん、できることが増える。それはお金を稼ぐことでもないし、以前の自分に戻ることだったりすることじゃない。というか、以前の自分がそれほど素晴らしいものだったか、考えると今の方が素晴らしい。だから、戻らなくて良い。


弱くて、病気になって、だめなところもあるけれど、いたわれる自分の方が素敵だから。
素敵さは何の役にも立たないけれど、究極的には役に立つってことの概念があやふやすぎるけれど、でも、そんなことはどうでもいいのだ。


人を助けたら役に立つんだろうか?でも、助けた人は役に立つ人なんだろうか?だったら、役に立つ人だけを助けるべきなんだろうか?そんなことじゃないよね?


だから、役に立たないものはたくさん存在していいし、無条件に人は生きるべきなんだ。つらくて出口が見えなくて一生そうなのかもしれないと思う夜もいつか終わって、朝が来て一日が憂鬱でまたダメな一日を過ごすのかと思っても、それでもいいのだ。

広告を非表示にする