読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

自尊心がないと他者が必要になる

自尊心が低かった頃のことを書きます。


クズみたいな男に搾取されていました。具体的には性的に搾取されていました。
普通なら断るようなことを断れなかったからです。

生きていて良いのかとずっと思っていたので、ひどいことをされることで生きる実感を得ていました。もっというと、ひどいことをされている感覚がなかったです。
自分にひどいことをされるような価値がないと思っていたからです。


ひどいことをする相手でも、必要としてくれている間は、生きていて良いのだ、と思っていました。

でも、それはいつも自分をつらい気持ちにさせていました。
だから、精神的に不安定だったので、わたしは、いつも男を不機嫌にしました。


男がわたしを不安定にしている、という発想がなかったです。


わたしは今ではいやだと言う感覚があります。
自尊心があるから、他人が必要ありません。
恋愛で、どうしてこんな男と、女の子が付き合うのか、と思う釣り合いの取れないカップルは、女の子の自尊心のなさに男がつけ込んでいる場合が多いのではないかと思います。
わたしはそうでした。
自分に不釣り合いな男を愛していたのは、自尊心がなく、依存していたからです。
自分のすべてを相手にゆだねていて、殺されても良いと思っていたからです。
殺される以下のことだったら何をされても大丈夫だし、死んでもいいんだし、と思っていました。

それなのに、他人が怖かったのです。
矛盾しています。
他人が怖いのに、他人を求めて、他人がいないと生きていていいと思えないのです。
恐ろしいですね。

他人が怖かった時期もあるけれど、今は怖くないです。

広告を非表示にする