c71の一日

生活の記録

なんの才能もなく息絶える

わたしには、才能がない。


なんの才能もない。
このまま息絶えるんだろうなと思う。


生きていくための才能はまあまあある。
世の中に適応する才能もある。
暗いことを乗り越える才能もあるし、表現する才能もある。
このまま息絶える才能は少ない。



音楽を聴いたり、絵を見たり、漫画を読んだりすると嫉妬する。わたしにはないものだからだ。
若くして成功している人のことを知ると悔しい。
単に楽しめない。悔しさでひりひりする。



わたしはお金持ちになれないし、有名な人にもなれない。
立派な人でもない。

なんにもならない。なんでもない。


昔はそれがさみしかった。


今はそうでもない。


それが不思議だ。悔しさは変わらないけれど、今では少し遠い。生々しさが。


わたしは平凡で、普通で、でも、ちょっと普通じゃなくて、普通以下で、得意なこともあって、全体としては、仕事をして、暮らしていられて、恵まれている部分もある。


何かになりたかった。
わたしはさみしかった。
今だって、さみしい。
何者にもなれない自分がさみしい。




胸の中にぽっかり空いた穴は、どうしようもないものだ。


忙しい日常の中に埋もれていくことは幸せに思うけれど、掘り起こしたくなる日もある。


わたしはわたし。
何者にもなれない。ならない。どこにでも行く。どこにでも行かない。


わたしはわたしの頭の中にいる。

広告を非表示にする