読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

謝罪を一部撤回し、再エントリします

これを再アップします。


発達障害は楽しいこともある… - c71の一日



そして、訂正と謝罪にも書いたのですが、
訂正と謝罪 - c71の一日
こちらにも同じ文面を書きます。



わたしは、リプがあったときに、何が悪かったのか考え、真摯に反省し、そのとき、自分ができるすべてのことをしました。
記事を非公開にしました。



しかし、わたしは、誠実に対処していただけませんでした。
そもそも、わたしの一回目にエントリした当該記事は、モビゾウさんのやりとりを見て、わたしが感じたことを書いただけです。そこには誤解の余地はなく、曲解の可能性もありません。
モビゾウさんはそう思っている、そう言った、と書いたところはないからです。
モビゾウさんが言ってもないことを書かれた、というようなことをあたかも書いた、という批判があったと思いますが、文章の主語がモビゾウさんだったこと自体が一度もなかったはずです。すべて、わたしが考えたことです。



だから、曲解、と言う表現はおかしかったです。
でも、わたしは傷つけたのだから、わたしには理由がわからないけど、謝ろうと思いました。
しかし、モビゾウさんは、下げた頭を踏むようなことをしました。
具体的には謝罪を無視しました。
謝罪されたときに、反応するのはマナーです。彼女はマナー違反をしました。
謝罪の仕方が気に食わないのなら、そう言うべきです。
わたしは正しい引用の仕方をしたので、削除したのは、わたしの好意でした。
けれど、その好意も虚しい結果となりました。消してほしいと頼まれていなかったのに、あたかも、自分が消してほしいと伝えた結果、削除した、というように読み取れる文章を公開しておられます。
わたしはそれにも、驚きました。
また、ブログでさらされた、という言い方をしているのにもびっくりしました。正しく引用しているから、手続きに不備はありませんでした。
ツイッターは公開の場です。




わたしはサンドバッグじゃないです。
謝ったツイートに応酬する形で、謝罪には全く触れずに、しかし連続ツイートで、一方的に言われると参ります。個人的にはあれはモビゾウさんの過剰反応だったと思います。
わたしの文章の書き方が悪かった分は反省していますが、それ以上のことは反省しないことにしました。
わたしの誠意が無にされたと感じ、悲しかったです。
わたしがなにかモビゾウさんの大事なものを踏んだのでしょう。でも、何を踏まれてそれをやめてほしいかは教えてもらえませんでした。教える義理はないと思うのですが、最初の方のツイートで、モビゾウさんのご子息に、欠陥があるとモビゾウさんが考えているみたいなことをわたしが書いた、というような内容なツイートがありました。それは事実誤認です。もし、教えてもらえれば、わたしはより良い訂正ができたと思います。でも、そうではありませんでした。



出発点から違います。モビゾウさんのご子息のことは考えていませんし、書いてもいません。主語にもなっていません。モビゾウさん、という単語自体を使ったのはこのエントリではじめてです。(引用のツイートに載っている情報は除く)
わたしはモビゾウさんのご子息が、欠陥があるとモビゾウさんは考えているはずだ、なんて、書いていません。


それに、わたしはモビゾウさんが言うようには、発達障害の当事者すべてを代弁したことなんてありません。いつも、主語はわたしです。わたしは、こう思う、という書き方しかしていませんでした。それなのに、そこを読み違えたのは、モビゾウさんです。
モビゾウさんは、わたしがかいてもいないことについて、抗議しています。なにかごっちゃにしていると思います。
わたしの意図とは全く違う受け取り方をしているなあと思います。
それは、わたしの文章が下手なせいもあるでしょうが、曲解と言えば、曲解をされているのはこちらだ、という思いがあります。


書いていないことについての怒りだから、わたしは受け止められません。
だから、わたしは謝罪の一部を撤回します。

広告を非表示にする