読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

そういえば、最近コミュニケーション困ってない

コミュニケーションが苦手だ。


対面コミュニケーションが苦手だ。
文章は得意だ。


まず、顔の表情が硬い。話すとき書き言葉で話す。気をつけないとため口。
ルールを破る人にむやみに厳しく、すぐ注意してしまい、融通が利かない。
距離感が近すぎるか、遠すぎる。
ずけずけものを言う。
他にも人に違和感を感じさせることもあるのだろうが、そもそもなにがダメなのかわからない。
子どもの頃は、小さな差異を攻撃されたので困った。支援受け始めのころも、大人との会話に困った。
今はあんまり困ってない。
それは、コンビニのバイトをして、たくさんの接客の数をこなして、機械的にさばくことができるようになったから、心を使わなくなったし、相手の反応を過度に探らなくて済むようになって、ストレスが減ったのだと思う。
それに、友だちを厳選して、常に素の自分でいることにしたら、それで良い人がフィルタリングされて集まったので、そんなに気を使わなくなった。


他のこと、訓練したこともあったのかもしれない。けど、今は忘れてしまった。


今日はお昼寝していたら、彼氏が帰って来て、ごはん何にするー?と聞かれたので、知らねーってたら、作ってくれた。わかめと豆腐のサラダと、オニオンスープ。


そういうわけで、料理してくれている間、歌とダンスでインド映画風に喜びを表現しながら、飽きたら、ネットして文章書いてスマホいじって、だらだらしてて悪いなーと思い出したら、また舞い歌った。作詞作曲自分の愛の歌ですよ!
一応、感謝の気持ちは伝わったようだ。よかったことです。


自分の部屋の散らかりがやや改善していたのを気づいてもらい、たいへんに褒められたので、とても嬉しかった。
褒められると伸びるタイプなんです!


接客し始めてから、度胸がついて、誰とでも営業スマイルで話せるようになったし、細かい機微が必要な親しい相手には独自の表現をすることで、気持ちを出せるようになったし、あんまり一般的な感じじゃないけど、楽しいから、まあ、いっか、と思う。


生徒の親御さんとも話すのが楽しくなった。前は、怒られるのが怖かった。
でも、普通にしていて、媚びなければ、怒られない。
媚びようとすると、足下見られる。
正直に思っていることを話して、情報交換するだけだ、と思いついてから、そうしている。
親御さんも、不安だから、単に話したい気持ちがある人が多いから、別にジャッジしたいと思ってないのがわかって来た。
わたしが思ってることやこれからしたいと思ってること、計画などを話して、親御さんの希望を聞いたり、そういうことするのも、楽しい。緊張しなくなった。良きことかな。