読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

生きる意味をわからないあなたがそのままで素敵

生きている意味が分からない。
いじめをする側の人の気持ちがわからない。
自殺をする人の気持ちがわからない。
リストカットをする人の気持ちがわからない。


そう、彼女が言ったので、素敵だなと思った。


わたしも生きる意味なんてわからない。
「クレームあったけど、慰めてもらったからまあ良いかなと思った」
「生徒がちょっと良い感じで帰った」
だから、今日も生きているのであって。でも、誰かに、「いつかいいことあるよ」「良いことも悪いこともあるよ」と言われたら、そんなことじゃねえよ、と思うだろう。


具合の悪いときには、これから先良いことがあると言われても「だから何?」としか思わない。
だから?
それで?
今苦しいんですけど?



先が見えないと言うのは苦しいことだ。
過去に楽しい経験が蓄積されていないと、すぐに死んでしまうんだ。


大人になって、楽しい経験を貯蓄するべく遊んでいるけれど。子どもの頃は遊び方がわからなかった。
楽しい経験を貯蓄する代わりに、貯金はないのだけど。生きている楽しさはある。
子どもの頃はどうして生きていれば良いのかわからなかった。




今生きている理由を聞かれたら、かっこよくいえば「地域教育への貢献」なんだろうけれど、そんな仰々しい言葉がわたしを救ってくれるわけではない。
実際に行われる、ちょっとだけ良いこと、生徒がわからないことを教えてくれたとか、分からないと言ってくれたとか、そのことがわたしにも思いもよらないわからなさで、興味深かったりとか、新しい考えのきっかけになったりとか、具合が悪かったときに気遣ってもらえることだとか、親御さんからの励ましだったりとか、そういうこと。ミトコンドリアがATPを交換してエネルギーにするみたいに。日常の生きた出来事がわたしの中の悪い考えを交換してくれるんだ。毎日生まれる悲観的な考えを、良い気分に交換してくれる小さな出来事。
それがなければ生きていけない。新しく知っていくこと。わからなさ。その交換の連続。




ネガティブなことのエネルギーは大きくて、そのことがわたしを生かしていた頃もある。恨みやねたみがわたしを生かし、そして、行動させた。それから、道が開けた。憎んで、恨んで、妬んでいたから、そうじゃない人生を選びたかった。
自分と比較して恵まれているように見える人に、認められるように、うらやましがられるために、行動した。



お金を使うことに血道を上げたこともあった。復讐みたいに。



わたしは自分の命を持て余して。鈍かった。痛みや悲しみや苦しみに対して。だから、何度も反芻して、頭の中を過去で常に一杯にした。妄想の中で生きていて、現在を捨てていた。現実も「今」の瞬間も生きておらず、幽霊のようだった。



わからなくて、言葉もでなくて、迷っていて、黙っている彼女を素敵だと思った。
不用意なことを言いたくなく、前向きな、言葉を探している彼女。
わたしはそのままで良いんだと伝えたかった。

前向きなことなんてわからなくていいんだと言いたかった。
生きる意味の答えが見つからないので良いんだと。
「見つけるために生きる、ってまとめるとかっこいいけどね。でも、そうじゃないよね。綺麗にまとめすぎているよねって思うよね。それは。だから、そんなことじゃないよね、お互い」
とわたしは言った。


生きる意味、今は、小さなちょっと良いことがわたしを生かしていると思うけど、そんな状況じゃなく、傷ついて痛んで弱っている人にはそんなことは届かない。だから、生きる意味、わからない。
それでいて、リストラされて死ぬ人の気持ちもわからない。ローンがあるから、って追いつめられて死ぬ人の気持ちもわからない。
死ななくても良いのに、ってやっぱり思う。
思うし、思うけど、一瞬納得する。ローンを苦にして自殺。そうなんだ。
でも、ローンがあるから死ぬ、って筋が通っているようで通っていない。
よく考えれば、筋が通っていない。納得できない。
ローンが原因じゃないんだと思う。それまで、すりつぶされた何かが、その人を殺したのだ。


本当は死なないで良いんだ。でもその人の苦しみが、ローンを苦にしてとしか、名付けられないことが問題なんだ。その人が、わからない、って言えたら死ななかったかもしれない。

苦しいときは他に道があってもその道が見えない。
あるけれど、信じられないようになる。
本当はだましだましやっていく方法があるのに。


わたしは続けた。
「わからないというままで良い。そのことを書いて。どうして、そういう人がいるのか、存在を知って、困った。わからないって、書くと良いよ。そうすると、頭の中が動くから、新しいことが思いつくから。分からないことを分からないって書くことだって、大事なんだよ。正直な、素直な気持なんだから」
わたしはそう伝えた。


社会現象や、友だちのことを考えて、どうしてそんなことが起きるのか、悲しいことが起きるのか、戸惑いながら、迷いながら言葉を紡ごうともがいている彼女がいた。

生きる意味とは何だろうと格闘する彼女は素晴らしかった。