読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

一瞬の火花のような

一瞬の火花のような、若さを目の前にして、自分の身は自分で守るしかない、誰も守ってくれないんだよ、とその女性に教えなくてはならなかった。


自分のスケジュールに合わせて、相手が何か起こすわけじゃないから。


一瞬の火花のように、
過去のことがぱっぱっと脳裏に出てくる。


あまりにも重い話になるから詳細は省くけれど、というと、

離さなくて良いですよ、という。


影、金色の日差しが差し込む瞬間、白い壁紙が灰色になり、金木犀の香りがして、空気の滑らかに冷たくなる、ドアの外に足を踏み出す暗闇。おしゃべりが途切れて。

広告を非表示にする