読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

わたしより頭の良い人

わたしより頭の良い人に出会っても、わたしはその人を理解できないのではないか。


理解しないとしても、その価値を評価できないのではないか。


拒絶してしまうのではないかと不安だ。




なぜなら人間は異質なものを拒否する。

わたしは自分の考えと似ている人が好きだ。

理解できないものは不快に感じる。



わたしの知らない情報から、出てきた考えなのかもしれないと思っても、脅威を感じることがある。



わたしより賢い人がいても、わたしのレベルに合わせてくれて、わたしはそれを察知できないのではないか。




わたしは好奇心を大事にしている。

そのことが、他人への想像力を養うと思うから。排他的でいなくてすむと思うから。



わたしよりも優れている人には優しい人であってほしい。とても敵わないから。

広告を非表示にする