読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

許さないまま生きて、優しいなんて言われないで

優しいと言われることを避けて生きていれば、生きることがとても簡単になる。



ものを壊されたり、大事なものを汚されたり、触られたり、盗まれたりするのは、とても傷つく。
侵入されていることが普通になると、自分の輪郭が曖昧になる。
感覚を鈍くしないと生きていけなくなる、いちいち悲しい、腹が立つと思っていたら、生きていけなくなるから、許すようになる。
たいしたことがないって思いたくなる。そして、生きていけなくなるからしていたことが、生きていく意欲を奪っていく。


心のバリアが弱くなると利用される。
利用してくる人や、けなしてくる人、とにかく心の領域、からだの領域を侵してくる人を断ち切れば、一時的に孤独になっても、危険は去る。


女が主体的に生きると、「きつい」って言われる。優しさに主体性は奪われる。簒奪される。


性的に簒奪されることも、主体を剥奪されることも、欲望を汚いと言われることも、無視されることも、混乱に持ち込まれることも、耐えられる。
耐えられるし、下手をしたら何も感じない。それどころか、庇護されている気持ちになる。
守られているような。



でも、そのまま生きていられない。



長い時間をかけて、侵入されないように、規範を作り直さないといけない。
そんな試練は、必要ないものなのに。


わたしは女の人の味方だから、女の人は、誰の許しも得ずに生きてほしい。
そして誰のことも許さず生きてほしい。
許しを乞われても、許さなくて良い。
許しを得なくても、好きに生きて良い。


良いなんて、言葉すら足りないくらい。
逸脱していても、生きる喜びを取り戻すためなら、何だってしてほしい。
そして、誰だって縁を切ってほしい。


優しいなんて言われないで。
それで、生きていて良い、と許可をもらったことにしないで。


生きていれば良いことがあるなんて言えない。
わたしはプロじゃない。影響力もない。何も


他人の領域を侵すくらいなら、疎遠で良い。
嫌いな人を遠ざけないと、自分のことを好きになる素質のある人と離す時間が取れないし、きっかけを作ることも出来ない。
だから、嫌いな人は二度と会わなくて良い。



許さないまま生きて、許されないまま生きて、優しいなんて言われないで。