c71の一日

生活の記録

人間扱いせよ

うまく言語化できるか自信がないのだけど、頑張って書く。


c71.hatenablog.com


性被害は、だいたい、犯罪者が人間扱いしないことによっておこるのだと思う。
そして、二次被害も、被害者をコンテンツ扱いして、人間扱いしないことによって起こるのだと思う。

それは、悪気なく起きていて、たとえば「警察はこうしたほうがもっと良いのに」という言葉も、単独なら全く問題もないし支持もするけれど、わたしが警察に通報したときの、その会話を例示しながらというと、話は変わってくる。わたしの感じ方として。


わたしの被害についての感じ方は、わたしのものだから。
それを材料にして話してくれるのは構わないけれど、わたしに対して、人間扱いしてほしい。
被害は話のタネじゃないんだから、と思った。

話題にされるのは構わない。文章に書いてしまったんだから。
でも、わたしの被害や感じ方は人間扱いしてほしい。

痴漢を考えるのだったら、その被害を発話した人に対して、配慮をしてほしい。
これは、わたしの被害だから、わたしの被害を通して、自分の主張を語るなら、何か一つはさんでほしいと願うのは傲慢だろうか。いいんだ。傲慢でも。わたしは自分の感じ方や心が大事だ。
わたしの心はそれがいやだった。コンテンツ扱いされたように感じた。
他のことならいい。でも被害については嫌だ。
理由なんてない。
ただ、嫌なのだ。
性犯罪者にされたことと似たようなことだと感じる。
いや、わたしはコンテンツじゃなくて人間だから、わたしの気持ちを大事にしてほしい。
そして、間違えたと分かったのなら、なかったことにするのではなくて、訂正をしてほしい。


わたしは怖かったし、死にたくなった。死にたくなったというか、消えたくなった。死にそうになった気持ちがある。
ブログを引用されるのは気にしないけれど、引用のされ方によっては、わたしの気持ちはどこに行くんだろうと思った。
いたわれと強要できはしないけれど、単に主張じゃないから……。
遭った出来事を書いただけのことだから……。
扱われ方にショックを受けた。
ショックを受けるほうが悪いのかもしれない。
わたしがもやもやするのがおかしくて、ブログに一回書かれたことをどんな風に扱うのも人の自由なのかもしれない。
そうだ、別に自由だ。
悪いことなんて何もない。
みんなそうしたって良い。

だけど、わたしにも感じ方の自由があるので、それに対してもこうして思ったことを書く。

一次被害で人間扱いされなかった。そして、また人間扱いされなかったショックがある。
ああ、コンテンツなんだな。
自説のための材料にされることもあるんだなと感じた。
目の前の被害者は見えなくても、痴漢被害や警察の対応を憂いたりすることはできるんだと思ってしまった。
そういう風に思ってしまったことについてもショックだった。

謝ってもらった。わたしはそれを理解した。受け入れもした。だけど、謝罪でなにもかも水に流せない。謝罪されるとかえって何も言えなくなってつらい面もある。
謝られたのに蒸し返すのはひどいことだと思いながらも、でも、ひどいこともされたよな、と思う。でも何がひどいことなのか、私自身もうまくいえない。
嫌だった。


わたしは他人だから。他人の気持ちはわからない。
わたしの気持ちも他人にはわからない。



そして、わたしが感じていることをわたしはうまく説明できない。
どうしていやだったのか、言語化できない。
ただ、人間扱いされていなかったように感じるとしか言えないのだが、どうして、どんな行動が、そう感じさせたのかまでは説明できないのだ。

びっくりすることがあると、わたしはどうもうまく説明できなくなる。
ただ、ある直感が、わたしの感じ方を尊重したいと言っている。


痴漢被害のことを憂う時は、被害者のことを忘れないでほしい。
同じ被害者だとしても、他人だから、気持ちは共有できていない。
他人だから、傷に触る時には慎重でいてほしい。

悪気がないのはわかった。わかったけど、しんどかった。
つらい。

嫌だったという気持ちだけで十分なんじゃないか。
されたくないことは。
理由はそれで。
わたしの気持ちが大事なのだから。
人間扱いされたい。
わたしは人間だ。

広告を非表示にする