c71の一日

生活の記録

小さいチャレンジ

今日は、眠れなくて徹夜してしまった。
疲れた。
朝からぐったりだ。
今日も仕事はある。


最近の困りごとは、買い物をたくさんしてしまうこと。いろいろなことに興味があってチャレンジしたいから、お金を使ってしまう。
それ自体は前向きでいいことだし、前には考えられないことだったから、うれしいことだ。
でも、お金のペースを考えたほうがいい。
どうしたらいいのかなあ。


手芸や、工作、今度は漫画を描いて本を印刷したいし、いろいろ肌にいいものを使ってみたい。クレイもいろいろ機能があるそうだ。少しずつ改善していきたいことがたくさんある。


最近は過食をあまりしなくなった。あまりしないので、たまにしようとしても、おなかが痛くなってしまう。体の感覚を取り戻したのだろうか。食費が減ったのでとても助かる。以前食費に使っていた分を趣味に使うことになったとしたら、一歩前進という見え方もできないこともない。


インテリアをもう少しどうにかしたい。今日は疲れたから明日しようかな。


できないことは、あるけれど、小さくチャレンジして乗り越えていきたい。
ほんとうにできないのかどうか問うよりも先に、小さい段階で自分のペースでやっていきたい。
今は親もいないから、もっとこうしなさいと言われてペースを乱されることがない。相談しないほうがかえってストレスがないのか、うまくいくような気がする。


お金のことはテーマだ。こうやって文章に書くことで、整理できる。人に相談もする。何か言ってほしいわけじゃないんだけど聞いてもらうとほっとする。わたしも相手の困ったことがあったら聞きたい。そうやって助け合っていきたい。


食べ過ぎることも、文章に書いてから少しずつ落ち着いてきた。代替行為として文章を書くことは、わたしにとって有効だ。
お金を使う時に今月の予算を考えて使うようにしたいんだけど、難しいな。先月も同じ決意をした気がする。


楽しかったし生きているしよしとしよう。
小さいチャレンジを繰り返して、自分のできることが増えるのは楽しい。
普通の人みたいになれないと思って苦しんでいたけど、普通の人なんていないし、わたしなりにいいところもあるはずだから、人のいいところとわたしの最悪のところを比べるんじゃなくて、いいところといいところを比べたり、自分の悪いところは単独で、「困っているから何とかしよう」と考えて、無理に責めないでいよう。責めたところでエネルギーの無駄だ。ストレスで余計してしまう。


だから、一日でも一分でも自分をコントロールできたら、自分はすごいんだ、ってほめたい。
いろいろ大変なことがある中で工夫しているんだから、いいんだ、って思いたい。

広告を非表示にする