c71の一日

生活の記録

間違いを怖がる

子どもを見ていると間違えを怖がる。
それで、じっと待っていて、正解が教えられるのを待ってる。


上達するのはどんどん間違える子で、そして、見守られているうちに、間違ったほうがずっと楽だ。


手助けされるうちに間違うことはとてもいいことだ。

だから、大人になっても、手助けしてくれる人を見つけて、思う存分間違ったほうがいい。


間違えないと何も学ばない。本質がわからない。

広告を非表示にする