読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

宣伝、孤独はわたしを殺さない

わたしは空っぽな人間だ。
わたしの中にはわたししかいない。


好きなものもない。

自分のことしか考えない人間だ。


人のことを考える時には、どこか、利己的なところがある。


親切に優しくしたいけれど、いつだって、できる範囲だ。




なぜ表現するのか答えられない。
わたしには家族がいないので、クラウドお母さんみたいなものがほしいのだと思う。
ネットには、嫌な人も素敵な人もいて、ブログを書いていると、わたしを気に入った人が私にコンタクトを取ってくれる。
わたしの孤独はわたしにしかいやせないことを知っている。


孤独はわたしを殺さない。
家族や、ひとや、うざったさは、わたしを殺すことがある。


別に死んでもいいのだけれど、幸せになりたいという目標があるので、殺されたくない。殺されるのもその過程が面倒だ。


孤独は我慢できる。ネットもあるし、嗜好品もある。退屈はわたしを殺さない。仕事とお金がありさえすれば、食べられるし、食べていたら心がどうであれ死なない。


わたしは、人と別の人間だ。わたしはどうありたいかなんて、考えていないけれど、考えれば考えるほど、ひととの違いが浮き彫りになるので、孤独になるだろうということを、友達と話した。


孤独は最も自由だ。わたしがひとと別の人間だから。



わたしはわがままで心の狭い人間だから、気の合う人としか話さない。気が合わなかったら、二回は会わない。
わたしはわずらしいことに耐えられない。すぐ眠たくなってしまう。
わたしは自分の体調がとても大事だから、そして、体力がないので、人の煩わしさに自分を殺せない。


人のことを簡単に嫌いになる。簡単に好きにもなる。軽い。


自由になることを考えている。
わたしは感情のままに動くが、感情はわたしをだますので、感情に引きずられるのも不自由だ。
薬はわたしのアップダウンや不安、恐怖を抑えてくれる。
普通の人間らしくいさせてくれる。道具だ。それがあるから、今はだいぶ生活のクオリティもあがった。
これ以上は望めないだろう。望んだ先が見えない。今はそれでいいのかもしれない。
毎年、変化があって、少しずつ良くなっている。働きすぎて、疲れているのかもしれない。
仕事はわたしの孤独を埋めるから、依存しているのかもしれない。
依存して生き延びるならそれでいい。


だから、希望を持ちたい。



なぜ、表現するのか、考えてみるけれど答えがない。
空っぽだから。


世界には美しいもの、素晴らしいもの、醜いものがたくさんあって、それを知りたいという気持ちが、わたしを生かしている。


人と人とつながる最後の線が、ネットなんだろう。



c71.stores.jp
このネットショップで、売っている紺という小説とエッセイの本のレビューを書いてもらいました。









広告を非表示にする