読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

休みを取る、相談するというコマンドを覚えた

夜中に吐き気で目が覚めて吐く、それから眠れないということが一週間続いていた。

いつかよくなるだろうと思っていたけれど、だんだん体が動かなくなり、息をするのもつらく、座っていても、寝ていてもつらいという状況になっていた。
身体が動かなくなったことがあるので、それが一番怖い。


今思うとパニック発作もあったのだと思う。
仕事を休むことに決めてから少し落ち着いた。
とはいっても、明日も一人は教えるのだけど。


仕事を休めないって思い込みがあるんだよね。


だから追い詰められてしまった。



ふだん仕事に行くのに、行きたいとか行きたくないとか悩まないんだけど、最近は行っても座ってられるのか不安になった。
胃が痛くて頭が痛くてめまいがしてきた。


過労かなと思ったり、メンタルの問題が悪化したのかなと、友達に相談できた。今までなら言えなかった。


体調が悪いということに昨日気づいて、生徒さんや親御さんへの迷惑は承知で、休ませてもらった。
どうしても休めない人に絞った。
それから、上司に、仕事量のことで相談したいとメールした。土曜日と月曜日に休んで、病院に言って様子を見るけれども、入れない生徒さんがいるとクレームになるかもしれないから、事前にどうすればいいか聞こうと思って。


今までだったら、そういう選択肢がなかったから、相談に乗ってもらうということを思い出せてよかったと思う。


ほんとうに息をすることだけでもきつくて、すべてを失う未来しか見えなかった。
でも、それは単なる気分で、騙されているのだから、ちゃんと伝えればいい。
具合悪い人に対して人はそんなに冷たくないよ、と言われて、まずは信じてみようと思った。


一か月、二か月の間で、全然休みがなかった。二日か三日くらいしか休みがなかった。
それが普通の人もいるんだろうけど、できない。


お風呂に使ったら吐き気が楽になった。足ももんだ。ストレッチとスクワットもしている。そういう余裕をひねり出さないとどんどん悪化してしまう。それは前の知識や経験の積み重ねだから、鬱がひどいなりにできて良かった。
頑張りすぎていっぱいになると何もできない。
もともと躁鬱で、薬をもらっているけれど、過労に対しては、対応していないから。
栄養バランスがよくわからないので、白菜とキャベツと肉と牛乳とほうれん草とブロッコリーとサプリを食べている。あとおかゆ。
昨日お客さんに相談したら、みんな快く揺るいてくれたのでありがたかった。


いつか恩を返したい。新しい対処法を見つけられて、自分ではほっとしている。何か対策を考えられる。