読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

楽しむために、味方を作るために怒るんじゃないのだ

楽しむために怒るんじゃないの。


怒っているから怒るの。


怒っていると、味方ができないという人もいるけれど、怒っていても味方はできる。
でも、そもそも、味方がほしいから怒っているわけではないの。
ただ、自分の尊厳や幸せや、その他のために怒っているの。


だから、誰かのために、パフォーマンスをする必要はない。
自分の感情を大事にすることが、自分自身を大切にすることだから、怒るの。


自尊心や自己肯定感があまりにもひくいと、どうして、自分を大事にしないといけないか、わからない。
だから、自己肯定感が低い人には「怒っている人」がなぜ怒っているのか、わからないのだ。


だけれど、それはその人の問題。
自己肯定感があれば、怒ることができる。
自己肯定感が少なくても、怒ることができる。


自分の境界や、自分の真ん中を、壊されたときに、怒らないと、どこにもいけない。



怒られた人が「そんなんじゃだれも言うことを聞かないよ」と言って脅してきても、どんなにみっともなくても、その怒りに共感する人はいるし、それはただ、怒られている人が、その怒りを無効化するために言っているだけなんだよ。
だから、わたしたちは、「その人が言うことを聞きたくないんだ」って思えばいい。
味方はたくさんいる。
分かってくれる人もいる。
いなくてもいいくらいだ。


ただ、わたしは、怒ったり悲しんだりつらがったりする。
そのことで、何も解決しないとしても、何かのアクションを起こすことで、小さく世の中が変わると信じているんだ。
それは、泥くさくてスマートじゃない。そこから始めるしかないんだ。