読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

殴られたら殴り返す

わたしは殴られたら殴り返すのを基本方針としています。


殴る、というのは比喩だけれども。


嫌なことをされたら、抗議したり、やり返したりします。


ネットだと「スルー」するのがいいと言われますし、「えさ」を与えるようなものだと言われますが、現実の世界だと、殴られて殴り返さないと、ずっと殴られたままです。


そして、自分のことをどんどん嫌いになります。


怒ると、たいてい、現状は復活します。けがは治らないけれど、嫌な気分も減らないけれど、自尊心が回復したり、自分の言いたいことを言うと、現実が変化して、いい方向に向かっていったりします。



たとえば、保育園に落ちた日本死ね、ということに意味がないという人がいたり、性差別に抗議したり、ヘイトスピーチのカウンターをしたり、デモをすることに、意味はないという人がいます。


でも、意思表示をしないと「困っていること」「不快に思っていること」「怒っていること」が伝わらず、いつまでもサンドバックになるばかりか、生存権を侵されます。歯向かうことは常に大切です。怒っている人を鎮めるために、対応を考える場合があるからです。


特に国に対しては、怒ったり意思表示をするのが、当たり前でなくてはいけません。



セクハラや嫌がらせも、怒ることで、「めんどくさいやつ」と思われないと、いつまでも搾取されます。



だから、わたしは、殴られたら殴り返します。
めんどうくさいし、嫌な奴だと思われますが、最初に殴ってきたやつのほうが嫌な奴です。
でも、殴るやつはだいたい、権力を持っていて強くて人を殴るのが当たり前だと思っています。
そして、殴った相手に痛覚があることも想像していません。


だから、数を集めて、団結して、殴り返すのが正しいです。
個別だとつぶされても、数が多ければ、相手も脅威を感じるからです。


わたしはネットでもスルーしませんし、怒ります。
そうすることで、自分が生きやすくなるからです。


怒ってばかりだと幸せが来ない、という人もいますが、それは嘘です。
怒り返されると、困るから言っているだけです。
それに惑わされないようにしたいものです。



怒り返されると、それにびっくりしたり、面倒なことが増えたり、そもそも自分は絶対に歯向かわれないと思っている人が「怒ってばかりだと幸せが逃げる」などというたわごとを言います。そうしたら、こちらは、殴られ続けて、殴る人が集まってきて、殴り殺されてしまいます。
殴り殺される前に、殴り返さなくてはいけません。



自分の気持ちを相手に伝えることは、常に尊重されるべきです。それ以外のことを言うやつは、殴るやつらの一味です。


黙っていて事態が好転することはありえません。
権力側が力を持っている以上、自分たちに都合のいいことを優先するのは当たり前です。
黙っていて、なにか、優しくしてもらえることはないでしょう。
だから、怒ることはとても大事です。エンパワメントです。


権力側が殴った場合、殴ったことの自覚がない。
だから、殴り返されたときに被害者面をする。
それを許してはならない。
許していたら、こちらはいつまでも苦しいままだ。

c71.hatenablog.com

広告を非表示にする