c71の一日

生活の記録

紺を紹介してもらいました。

yuichikawa.hatenablog.com
id:calibaby さんに、紺を紹介してもらいました。

これです。

紺



DV被害者が、自分の足で立つまでの小説なのです。
とてもいい紹介をしてもらって、感激しています。

、嵐が過ぎ去った後の、女性たちの日常が描かれています。暴力の残滓が、確かにそこにまだ感じられるなか、ゆっくりと、しかし着実に歩みを進めていく登場人物たちの姿。

すごく良い要約をしていただきました。
ありがとうございます。


最後のエッセイについても、

人によって、書く理由はそれぞれでしょう。しかし、このエッセイを読んで、こんなに美しく暖かな「書く理由」があるのだ!と思いました。

あえてここに、引用はしません。

一人ひとり、読んで、発見してほしいと思います。

こんな風に言っていただいて、とてもうれしいです。

広告を非表示にする