読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

新刊【加害する人たち】でます

おそらく、うまくいけば、今日加害する人たちがでます。


内容は【加害する人たち】が、どのように社会適合しており、差別構造を利用して、被害者を選んで搾取するのかについて書いてあります。

三万字越えています。

950円で出しますが、明日の午後五時から夜十二時まで無料キャンペーンをします。

よろしければ、ぜひダウンロードしてください。

そして、さらにできればレビューを書いていただけましたら幸いです。

目次



はじめに
加害者は「加害する自分」を「被害者だ」と認識している

 加害者の現実と被害者の現実は乖離しているのだ
 加害者は加害の認識を持ってほしい
加害者は、社会適応度が高い
 差別構造と被害者
 当事者に説明を求めること
 被害者をさらに狙う加害者
 被害者には判断力がないとみなされる
 狂っているという言葉について

加害は差別構造を利用して行われる
人生をいかに変えられたか
 加害者が恋人になってしまう場合
 守りたいと言ってくる人

わたしに起きた加害の歴史
結論
 加害者と被害者の人権害者が語るべきだと思う理由
 加害者は、加害をする自分に困っていない
 生き延びるためにわたしがしたこと
 加害者のするべきこと
 加害者と被害者の人権

内省と加害と本当の結論
あとがき

これがでたら、セクシャルマイノリティについての本がでます。【セクシャルマイノリティと差別:複数恋愛とポリアモリー】これも三万字くらいの量です。
自分がポリアモリーをしてみたことと、その失敗と、セクシャルマイノリティ、とくにアセクシャルとデミセクシャル、ノンセクシャルの家族を作りにくい理由や、ロマンティックラブイデオロギーの弊害、ロマンティックラブイデオロギーに乗れない人たちについて書いてあります。

書き終わってますが、校正中です。


そして、今書いているのは【生きるための過食】です。死にたくなったとき食べてしまう問題について書いています。

広告を非表示にする