c71の一日

生活の記録

世界に対して丸裸でいます

わたしは、世界と向き合うのにあたって、丸裸でいます。
そして、寒い寒いと言って凍えているのです。


わたしは思っていることを言います。
あるときまで、言いたくないことは言わなくていいのだと知りませんでした。
それを知ってから、ずいぶん人生が楽になりました。
わたしはそれまで、なんでもずけずけ言う、鈍い人という扱いを受けていました。
だから、ひどいこともたくさん言われました。


わたしは、思っていることが言えません。
相手が正しいと確信していることを、世間的に正しいのかもしれないと思ってしまったら、拒否できないのです。
自分が普通ではない、と思っていることの恐怖で、相手が間違っているかもしれないということを思いつかないのです。

だから、例えばセックスの場面で、「これはやりたくない」ということを言えません。
相手は満足します。わたしは気持ち悪くなります。そういうことがとても多いです。
それは不幸なことです。
わたしは、最後まで演技をしきり、関係性から逃げ出します。逃げ出せれば運が良いです。
体調が悪くなってから、ああ、あの人はわたしにとってストレスだったのだ、と気づくことも多いです。

たとえば、今、話題になっている家庭内風俗というものを、結婚した相手に、押し付けられてしまったら、わたしは拒否できないでしょう。
わたしは、そういうことを拒否できません。要求に対して拒否する力が弱いのです。
恋人ならば逃げ出せます。結婚相手だと逃げ出せません。
わたしは、あの記事を見ると、結婚が怖くなってしまいます。
そういうことを無理強いしないひとと結婚しなくてはいけないと思います。


正しい/正しくない、普通/普通ではない、自分の感覚を大事にする/世間に合わせることのバランスがたいそう難しいのです。
それは、わたしの中にない価値観だからです。
真っ暗な中を手探りしていって、正解らしきものを手に取らないといけません。
それが納得できないことが大半です。
それらは、合理的とは言えない慣習だからです。
それでも、慣習を身にまとわなければ、存在できなくなります。
自分がありのままでいるとすると、世間との圧力が大きくなります。
けれど、世間の圧力に同調しすぎると、病気になってしまいます。


世界に対して、せめて、洋服を着なくてはいけません。
さもなければ、風邪を引いてしまうでしょう。
悪ければ、死んでしまうでしょう。

広告を非表示にする