読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

ゲシュタルトセラピー体験

ゲシュタルトセラピーに行きました。

二日間で申し込みましたが、仕事で初日はキャンセルしました。だから、今朝はいくかどうか散々迷って、行かない方に諸手を挙げて賛成しそうになりましたが、なんとか参加しました。

参加してからしばらくは、まだベッドにいる自分がいるんじゃないかと思ったくらいです。
参加したのは、一日ベッドにいたらニュースを見てしまいそうで怖かったからです。



ゲシュタルトセラピーは催眠療法ほど劇的な感じはしなかったけれど、からだがあったかくなるような感じがしました。


朝十時から五時までの長丁場だったので不安でしたが、意外となんとかなりました。体力就いたなあふう。


いろいろな人のワークを見ました。ワークをやりたい人は少なくて、みんな遠慮深いなあと思いました。みんな、その場を楽しんでリラックスする感じでした。

いろいろな人がいました。肩こりと会話する人とか、仕事について悩んでいる人とか。
立派な横文字職業に就いている人もいたし、靴下を何枚もかさねばきするタイプの女性もいたし、いろんな人がいました。わたしが普段妄想で、いいなあ、とそういう人生、順風満帆じゃないか、と思うような人の悩みに立ち会えたのは面白かったです。人に対するねたみが減ったり、自分の人生が思ったよりも楽しいじゃん、って思えたのは良かったです。

ひとりのワークにつき、一時間くらいかかりました。全部で五人がワークをしました。
人のワークを見ているのは面白かったです。
ワークをしている人の雰囲気によって、自分の状態が変わるのが面白かったです。
肩が痛くなったり、腰が痛くなったり、退屈したり、眠くなったり、暗い気持ちになったりしました。


わたしはおなかと会話するのが目的でした。
わたしが予測していた通りには行かなかったです。

おなかと会話する、と言う表現には、わたしはもう抵抗がなくなっているのですが、前だったらいやだったかもしれないし、そもそもそういう考え方だったのか、今はもうわかりません。
この前の催眠療法で右手が人を殺したがっていたので、もう、どうでもいい、って感じはあります。
なんでも言いたいことを言えば良い!体の部品め!


おかあさんの話が出るかなあと思って、予測はしていたのですが、他の話も出ました。他の話とは、自分で、墓場まで持っていくつもりだったので、その話が自分の口から出たのは驚きでした。
自分で判断して、決断して、話せたので良かったです。
話すこと自体を恐れて、話さないようにしているエネルギーがとてもあったので、安全な場所で話せてほっとしました。


おかあさんのことはまた今度、ということになりました。
わたしが今憎んでいる人と、どうして縁ができてしまったのか、そのパターンを今後知っていきたいと思いました。
そのパターンは親子関係で作られたものだと言うことはわかっているので、そこをほぐしていけたらなあと思います。


境界線を引く、というのをやりました。


最初、おなかについて話したい、ということをいったのですが、うまく話せませんでした。
なんだか、作り事めいてしまって。


自分のおなかが自分のものじゃないみたいでした。


自分のおなかについてどう思うか聞かれて、
「どうも思わない。自分のおなかだと思う。自分のおなかだと認めたいと思っている。憎んだこともあるけれど、わたしのために頑張ってくれていてありがたい」と言ったら
「本当にそう思う?」と言われて、よく考えたら、「みっともない。見苦しい」と言いました。
「誰がそう言うの?」と言われたので、家族や、薬剤師や医者と答えました。


おなかを触ってみて、と言われたので、触りました。
「よくわかったと思うまでしっかり触ってみて」と言われたので、実況中継しました。
張ってるとか、胃が張ってるとか、そういうことを言いました。

そして、おなかの気持ちになったつもりで話してみてと言われたので、話そうとしたら、おなかの声は小さくてよくわかりませんでした。
でも、考えたら、「そこまで言わなくても。好きで脂肪をつけたわけじゃない。自分が食べた結果じゃないか」という言葉が出ました。
その言葉を聞いて、おなかにもう一度、みっともない、見苦しい、と言ってみて、と言われたので、
「みっともない。見苦しい。嫌い。醜い。大嫌い、死ね、死んでしまえ。おまえなんか死んでしまえ」と叫んでいました。

結構な大声が出て、わたしはびっくりした。わたしは怒っているみたいでした。でも、何に怒っているかわからなかったです。


セラピーの人と話しているうちに、誰に怒っているのかはっきりしてきました。
それで、どうしてその人を怒っているのか、経緯を話しているうちに、知らず知らずのうちに自分の話をしていました。
そこで、「その人について聞いたのに自分の話になっていたの気づいた?」と言われて気づきました。
おなかの肉と、自分の話になったことは同じことだと言われました。
そのときにはよくわからなかったのですが、その人へ怒りが向かなくて、自分に怒りが向いているんだ、ということがわかりました。
「おなかの肉は、象徴していることがあって、意味があるんだと思うよ」と言われて、「体に脂肪がついて守っているみたいなことですか」と言うと「それは正統派な答えだと思うけど」とセラピストは黙ったので、うーん、と考えてから、「その人は太っていて、わたしはだんだん似てきたと思う」と言いました。
「おかあさんお父さんとの関係が作ったパターンが関係していると思うんだけど、どう思う?今日は境界線を作る、ってところで終わらせたいんだけど。今日だけじゃおなか引っ込まないと思う」

座布団の上に、その人のイメージを置きました。
どんな感じがするかとかは聞かれませんでした。刺激が強すぎると思われたのかもしれません。
「今日は境界線を引く、と言うことをします」と言われました。
「その人に感じる怒りを、感じられないで、自分に感じているみたいだから、その人と、自分は別だと言うことをしましょう」と言われました。

だから、自分の中の、その人と似ていると思っている部分を切り離して、座布団の上に捨てる、という動作を繰り返しました。
腹の肉をつかんで、ぽいっと放り投げました。
最初無言で投げていたのですが「切り離されている感じする?」と言われて、しなかったので、「しないです」と答えてからは「嘘つきなところ」「だらしないところ」「怠け者なところ」「猜疑心が強いところ」「憎しみが強いところ」「空っぽなところ」「無職なところ」と言って放り投げました。

それから、
「自分の領域を線で引いてください」と言われたので、畳の上に指で線を丸く引きました。それから、置いた人の座布団を少し遠くに置いて、その人の線を引きました。重ならないように気をつけました。
「どう感じますか」と聞かれたので、「遠く感じます」と答えました。
「今、どんな感じですか。おなかの肉は」
「軽くなった気がします。感覚があるような感じです」と答えました。
今までは自分のおなかの肉が自分のものとは思えない部分があって、どこかしら、当事者じゃないと思っている部分があったのですが、その感じがなく、おなかの肉は単なるおなかの肉だと感じられました。
わたしはおなかの肉を怒っているのをやめて、その人に対して怒りを感じた方がいいということがわかりました。
自分と自分じゃない人の区別があまりついていないので、境界を引くという練習を時々した方が良いと言われました。


「その人についてどう思う?」と言われたので
「わたしはわたしで頑張るので、その人はその人でなんとかしてほしい。わたしはもう何もできないし、わたしからとっていくこともなにもない。わたしはもう関係ないので、その人も関係がない」と言いました。そう思いました。



今日はそれで終わりました。
そういえば、なんで怒らないの?って聞かれたことあるなあと思いました。
なんだか、自分を怒っている気がして、その人のことを憎みきれない、怒りきれない部分もあるのでした。
それが、自他との区別がついていないということみたいです。


そのあとは、他の人の質問を聞いて終わりました。
よくわからないけれど、セラピストがたくさん参加していました。たまたま行ったけれど、素人が参加する会じゃなかったのかも、と思ったり、でも、お金を払ったんだから良いんだ、とも思ったりしました。
ひとり、若い頃を思い出すなあと言う女性がいて、いやだなーと思いました。わたしが若いのはわたしのせいじゃないのになあ、と思いました。若いと素直ねみたいに言われていやだなーと思ったので、いやだなーと思った気持ちを大切にしたいです。
会はいろんな人の悩みを聞けて、面白かったです。一人一人に冒険があるな、と思いました。


これは、催眠みたいな爽快感もないし、わかりやすい結果もないし、時間もかかりそうだけど、地道な感じが良いなと思ったので、これからも参加したいと思います。


いやな感じがする人もいたし、そうじゃない人もいました。
寝てる人もいました。
それで良いんだなあ、とわざとらしいくらい作られた空間でした。
ある人が悩んでいたのが、印象に残っています。同じくらいの人は偉くなっているから、自分はアルバイトになるのがいやだ、これから落ちる一方だ、とか、お金に関する執着を何度も口にしていて、システマチックに効率よく最短距離で良くなりたい、と繰り返していっているのが印象的でした。そして、みんなが悪い感じじゃなく、笑ったのが良かったです。本人は笑われてきょとんとしてから照れ笑いしていました。
そりゃー、誰でもそうだよ、お金あまり使いたくないけど!と思いました。
買わないとケーキは食べられないしおいしいと思ったらまた買えば良いじゃん、と言っている人がいて真実だと思いました。

広告を非表示にする