読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

自分の弱点を告白すること

ブログで自分の弱点を告白すると、揚げ足をとるように、嘲笑される。

今は案外平気だけど、昔はつらかった。


言葉が刺さるようで。

気にしていないことでも、いわれるといやな気分になった。
言い返してみたり消してみたりしていた。

怒るときには怒ったほうが良いから、それが間違いだったとは思わない。


だけど、わたしはこの前、自分が太っていて、醜いことがいやだ、と書いたら、温かい言葉ももらったし、デブスとも言われた。


わたしが太っていることを書かなければ、デブスとは言われなかっただろう。だから、おかしいと思って、笑ってしまった。わたしが書くことを選んだことを使ってわたしを嘲笑することがみじめだと思わない人がいるのだと思って。



わたしの親子関係は、ある程度安定していて、わたしをわかろうとしてくれている父と母だ。
わたしにはそれがわかっている。それがわかっていない人はわたしの家族じゃなく、わたしは説明しなくてもよい。その人はわたしにとって、大事な人じゃないからだ。


わたしが大事だと思う人は少なくて、いや、占いを始めてからや仕事を始めてからかかわっているすべての人が大事なのだし、ネット上の友達にも大切な人はたくさんいる。

だけれどもネット上で私を嘲笑する人は、わたしにとって大事じゃない。


わたしは親に言われることを無視する練習をしているので、ネット上で言われることを無視するのはもっとたやすいことだ。



ネット上で、弱みを嘲笑されなければ、弱みを書かなければいい。気にしていることを書かなければいい。

書いたということは、その弱みを手放した、ということだ。

自分から切り離して、外部の問題にしたということだ。


わたしが太っているということを書いたり、親子関係が良くないことを書いたり、ベシーと別れてしまったことを書いたりするのは、わたしがそれを受け止めたいと願っているからだ。



それを改善する、ということじゃなくて、わたしがその問題を隠したりなかったことにするつもりがなく、前向きに処置していくと決めているからだ。



それがわからない人はわたしを嘲笑するだろう。
それはわたしにとって悲しいことでも怒ることでもないなあと思った。
そして、怒りたくなったり悲しくなったりしたときにも、そのきもちをふさごうとはしないでいたいなと思う。


わたしは自分の弱点を見つめていたいし、その強さがあると思っている。


夢見ることや、現実に対処することができると思っている。



わたしには弱点がある。
それを教えると攻撃する人がいる。

だけど、弱点があることを隠して肩ひじ張るのもばからしい。


弱点を教えて回るのもばからしい。


わたしは弱点を通して学びたいと思っている。

広告を非表示にする