読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

何が気持ち悪くて、何が気持ち悪くないのか、何を表現するのか

表現をすると、なにかしら責任が生まれる。
その責任は、誹謗中傷を受け入れることではないし、誹謗中傷に対峙するとも違うのだけれど。


男が気持ち悪いと言われたら、男の属性を持っている人はショックだろう。
ショックだろうけれど、わたしはいう。でも、誰にもは言わない。周りに人がいない時に言う。
ネットでは言う。


男は構造的に、女子供に対して優位な立場を持つし、暴力もよくふるう。
だから、わたしは男が気持ち悪いという。


では猫をツイートする人は、構造的に優位に立っているんだろうか。給料が高いとか?そういうわけじゃないと思う。
構造的に人間は猫に対して優位な立場を持っていて、生命をも握っている。
その、生命を握っているということに気を付けろということなんだろうか。


わたしは、いろいろなことに責任がある。仕事にも責任があるし、自分を幸せにすることにも全力を尽くす。
わたしが文章を書くこと自体が、誰かに気持ち悪い場合もある。だから、たたかれたりもするのだし。


わたしは愚かだから、わからないことがいっぱいある。
考えたほうがいいよ、と言われても、言ってきた側が、本当に、正しいのかもわからない。
だから、わたしはいやいやだけど考えている。わたしは従順だから、考えてしまう。でも、本当は、考えたほうがいいよ、と言ってくる相手を選んで、自分が信頼できる相手の言うことを考えたほうがいいのだ。



わたしは正直言って、男の人に、「考えてほしい」と思っていない。男の人に期待が薄いんだと思う。
セックスの相手としてや、恋愛の相手としては好きだけど、今のところそれだけなのだ。
心の深いところで、会話できる相手は女が多い。女のことが好きなんだと思う。
女の人には考えてほしいと言ったり、フェミニズムの話題を出したりもするけれど、無作為に言わなくなった。
以前は男に丸ごと言っていた気がするけれど、今はもう疲れたのでそういうことはしない。
だから、男も考えなくていいと思う。
考えてほしいと言っても、考えないんだから。言っても言わなくても同じ。言わなくても考える人は考えるんだし。
攻撃的な言葉から、考え始めてほしくないという気持ちがある。無駄に傷ついてほしくない。
男の人であっても。
傷つきながら学んできた人には敬意を払いたいが、その傷つきに意味があると考えるよりも、傷つかず考えていく方法を探りたい。
男の人にも、傷つかずに、学んでいってほしいと思う。
攻撃的な言葉を受けて、傷つきながら学ぶってことは、たとえ優位に立っていた人であっても、そんな目に遭ってほしいと思わない。
悲しいから。

わたしはそれでは幸せになれない。



2ちゃんの人は、「教えてあげる君」だ。相手が、すでに知っているかもしれないとは考えないで、相手を馬鹿だと決めつけて、「これも知らないのか馬鹿だ」みたいなことであげつらう。彼らは教えてあげる機会にうずうずしているように思う。でも、教えてあげようにも、合意の上で、彼らから教えてほしい人はいない。だからか、2ちゃんに書くのかなと思うようになった。
彼らが馬鹿だという相手も、本当はたくさんのことを知っていて、それで、言っていることかもしれないのにね、彼らはそうとは思わない。
文脈の細かいところを読み取れないから、何でも「ブーメラン」という風に言う。



若かった頃は、何でも攻撃的にテキパキと表現した。年を取るにつれて、そういう明晰さが難しくなった。ものごとが複雑に感じるのだ。全体を把握できるようになったからなのか、いろいろなことをおもんばかるようになったのか。わからないけれど。



傷つくようなきっかけで、考え始めてほしくないと思う。
わたしはそういう表現をなるべく減らしたい。
それは自発的な気持ちだ。誰かに強要されたらいやだ。
考えてほしいと強要されるのも。
たとえ操作された結果だとしても、自分自身が考え始めたいと考えたとき、はじめたい。
そういう風にしたい。

だから、何を表現するのかも、自分で決めたい。
わたしは気持ち悪いって言われる。だから、気持ち悪いんだろう。
それでもいい。