読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

逃げればよかったんじゃない?自分の選択だったんでしょ、と言われたので

わたしは実母との絆が深かった。


なので、脱出が遅れた。

脱出するのが遅れたので、嘆いていたら、「逃げればよかったんじゃない?自分の選択だったんでしょ」と継母に言われたので、「ああ、そうなんだ、逃げなきゃ」と思って、それを言った人からまた逃げた。



大人になるのは難しいことで、というのも、「親との絆」が強い場合、いつまでたっても「子供の役」を頑張って演じないといけないと思っていた。



そこから逃げて、逃げた先で、またつらいことを言われたので、また逃げた。


渦中にいるときには、わたしは逃げることを思いつかなかった。


「幸せ」なんだと思っていたから。
でも、いつもなんだか苦しくて、病気がちだった。



親の許可をもらって、精神科に行ったのが、二十歳を過ぎてからだ。


許可をもらうことなんていらなかったのに。


親はいつも「精神病の人に偏見はない」と言っていた。でも、今思うと、偏見があったのだ。
「あの病院から出てくる人は変な人が多い」と笑って言っていた。



親としてしてくれたことはたくさんあったと思う。逃げられなかったのは、わたしの責任といえば責任なのだろう。
でも、わたしがなかなか大人になれなかったのは、親が「子供」を欲していたから、わたしが「子供の役」をするのが親への恩の返し方だと信じていた。



一緒にいる時、わたしは親のことを好きだと思っていたし、愛していたと思っていた。
でも、いつもいつも苦しかった。好きだから、合わせたかった。なるべく一緒の時間を過ごしたかった。


わたしは親のことをかわいそうだと思っていた。
親が自分のことを不幸がっていたからだ。



わたしの面倒を見ないといけないとなると、張り切って元気そうだった。
わたしは、混乱していた。


わたしが具合が悪くなるようなことを親はする。そして、そのあとケアする。
理由のわからない不機嫌につき合わされて疲れていた。


だから、わたしについた最初の病名は、「適応障害」「パニック障害」「気分障害」「うつ病」だった。
結果的に病名は増えていくのだけど、医者は「病名にはあまり意味がない」「病名で人は治らない」「親御さんから離れることしかない」と言った。



結局、わたしが親を離れることができたのは、犯罪に遭ったからだ。


犯罪に遭って、身も心もボロボロだったときに「知らない」「勝手にして」と言われたからだ。


だから、親の言うことを聞いて、勝手にした。



勝手にしてから、アレルギー性皮膚炎が改善し、体の倦怠感もパニックも落ち着いていった。



自分が勝手にしてから、「c71は誘拐された」と警察に届けられた。それで、わたしの親はおかしいと分かった。



c71と会うと動悸がするから家に来ないで、と継母に言われたので、行くのをやめた。



大人になれないことをずっと責められていたけど、「子供でいること」を求められていたのだと分かった。
それは助言という形のお金のかからない支配だった。



死にかけていた時、継母のいる父の家に行ったのだけど、出ていって、それがあなたのためだから、と言われたので、出ていった。
金銭的な援助をしてもらって、ありがたいと今でも思っているけれど、あのころの自分のことを考えると気の毒だと思う。



今では、誰かが亡くなっても葬式にも呼ばれない。


ここに書いてはいけないと言われたけど、書いてみた。



誰も、継母のことも、実母のことも、実父のことも、特定できないから安心してほしい。