読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

言語で考えると遅い

言語で考える人と、そうじゃない人がいる。
わたしはどちらもするけれど、言語で考えると明らかに遅い。


言語以外で何を使うかというと、概念や図や式だ。集合やベン図を使うこともある。フローチャートのようなパターン、分岐を頭の中に展開することもある。


人と話すときにはそれを言語に落として話す。日本語は、思考にあまり向いていない。スピードが落ちる。


アイディアの塊のようなものがあって、それを解凍すると、枝葉まで広がるイメージだ。種が大きくなって木になる。


人と関わらないのならば、言語化する意味はない。
だけど、親切で、言語に開いて、思考を展開する。


でも、それにも意味があって、人に説明するのは手間がかかるけれど、その中でも新しい発見があるから、仕方がないと思って受け入れている。


言葉がでにくい、感情が出にくい人でも、何も考えていないわけじゃないのだ。

ただ、思考方法が違うだけ。


言語で考えている人には、それ以外の方法が想像しにくいだろう。


言葉を知らないと、考えられない、という人もいるが、それは違うと思う。


言葉以外にも、思考を操るための道具は無数にある。


そのために、数学や理科があるのだ。

広告を非表示にする