c71の一日

生活の記録

大人の愛、僕の妻はエイリアンを読んで

僕の妻はエイリアン―「高機能自閉症」との不思議な結婚生活 (新潮文庫)

僕の妻はエイリアン―「高機能自閉症」との不思議な結婚生活 (新潮文庫)


自閉症スペクトラムのカップルの綴った、エッセイである。
表紙が可愛い。


これは、以前取り上げた

と違って、ぐっと大人の愛である。

女性の発達障害特有の問題点について - ある精神病患者の一日
に、対する答えかな、と思います。


特に、妻さんが、どうして妻さんと結婚したのか、寝る前に、お話をねだる話が可愛い。



ここでは、妻さんのできることがおおいに描かれている。
地図を読める、リサーチ力が強い、旅に慣れている、自分から仕事をとってくる、サイトを運営する。その一方で、自閉症スペクトラムとわからなかったあいだは、二次障害に苦しみ、お酒の罠に落ち、二人の仲が危機なって、その中で、「お互いに」理解、できることを歩み寄っている。

ここでは、二人は、お互いにお互いを正しく「依存」している。
相手をなにもできない人間だと思っていない。ここには、お互いに対して、リスペクトがある。


ボクの彼女は発達障害のなかでは「あおさんは発達障害だ」ということしか描かれていなかった。彼女は可愛いことはよくわかったが、それ以外のことが伝わってこなかった。弱く、いとけないものとして(実際にはわからないが、くらげさんの目を通してということ)描かれていて、わたしには、そこが不満だった。
女をそういう風に、扱ってはいけない。
この本は、二人の男女が、夫婦の危機を乗り越えるということ、普遍的な、生きるための技術が載っている。だから、自閉症スペクトラムの人でなくても、読んで面白い本だと思う。
アルコホリックになっても、生き延びた一人の女性の生き方が力強く描かれている。

広告を非表示にする