読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

ほめたたえよ、かわいらしいと!

ほめたたえよ、わたしのことをかわいらしく、頭脳明晰で、賢くて、美しいと!


そういうことにしよう。

そうしよう。


わたしが「ああ、頭脳明晰でもなく容姿端麗でもない」と思っていても何も良いことはない。
いらいらするし、スマホは用もなく見るし、集中力もなくなるし、良いことない。


痩せたら綺麗になる…、じゃなくて、既に綺麗なんだわたしは。


今が一番綺麗。明日はもっと綺麗。


それは、経験と思いやりが積まれるからだ。功徳なのだ。現世なのだ。


わたしは現世に生きる!


賢くて美人で可愛い!
そうでなくても良い。そういうのよく考えたら趣味だから。


容姿を売り物にしているような美しい人のことでさえ「タイプじゃない」という人がいるんだから、美しさの基準とはもともと曖昧なのである。

だったら、自分が美しい、可愛い、賢いと思い込んだ方が得だ。楽しく生きられる方をわたしは選ぶよ。


よく考えたらわたしのことを好みだという人はいるし、そうでなくても、他人に評価をゆだねることは愚かしいんだから、賢いわたしはそんなことはしないのだ。


ああ、わたしは美しいし可愛いし賢いよ。落ち込むまでもないよ!


さあ、自分を褒めたたえるのだ。

広告を非表示にする