読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

セックスワークに携わらない、という意味での当事者

ときどきセックスワークについて考えています。
それは、女性の労働者の賃金がダンピングされていることと、セックスワークと関係があるからです。
女性の賃金はとても安い。
暮らそうと思うと、選択肢はすごく少ない。
専門職に就くか、長時間働くか、能力を伸ばすか、結婚するか、夜の世界やセックスワークの世界に行くか。
どれも無理をしないとできない。
生きることは無理をすることなんだ、ってことなのかもしれないけれど。


でも、男性と比べると、やっぱり、男社会だから、男性は下駄を履かされているなと感じることが多い。

男性は普通の能力で普通に働いても、普通に生きられる可能性が高いから、そこが、女性労働者と条件が違う。もちろん、無理をしている男性もたくさんいるのは知っているけれど。


理想は、女性の賃金が上昇し、その上で、セックスワークを選択できる世の中であれば良いし、セックスワーカーが安心して働ける世の中であってほしい。

働くことについて考えていくと、セックスワークのことについても考える。


わたしは接客をするけれど、お客さんにキスをしない。
キスをしない、っていう接客と、お客さんに喜んでほしいと思って、キスをする、っていう接客がある。


職種が違う。


でも、やっぱり難しい気持ちにはなる。キスをする仕事、っていうのが、身近じゃないから、職種が違うだけ、って言う風に、今ではすんなり思えるけれど、昔は思えなかった。



セックスワークは、女性差別の温床だから、なくした方が良いと思っていたこともあった。
でも、今では、それで生計を立てている人がいるのだから、と思う。
なんで、そこに気づかなかったんだろうか。

そして、女性差別がこの世の中にある、ということと、セックスワークをなくせば、女性差別がなくなる、というのはイコールじゃなくて、わたしの妄想だった、と今ではわかる。
女性差別があることと、セックスワークが存在することと、セックスワーカーが働きづらい、危険にさらされやすいこととは関係があるけれど、セックスワーク業界をなくせば、女性差別がなくなる、なんていうのは因果関係がないのに。


社会的な保障があって、転職もできる、って仕事になれば、わたしはセックスワークを、素直に、難しい気持ちにならないで、職種が違うだけ、と思えるようになる。



わたしはミサンドリーがあるから、風俗にいく男性のことをバカにしている。いやだと思っている。不潔だと思っている。

だけど、本当は、射精をしたり、人のからだに触れたり、することが、ダメだ、って思いたくない。
それが必要なときがあるのをわたしは今では知っているから。
射精は汚いことじゃないし、人のからだに触れることは楽しくて嬉しいことだ。


でも、セックスワークは、密室で、お客さんと労働者の力関係が大きな職場だから、そこで、労働者の尊厳が侵される危険が大きい仕事だ。


わたしは、セックスワークをなくすべきだ、って思うんじゃなくて、女性差別をなくす方向なら、セックスワークが安心して選べる環境を願うべきなんだと思う。
セックスワークをしているときに、暴力にさらされずにすむ社会になるように、とか。


性労働者は、セックスワークに関係なくても、男社会で働く限り、暴力にさらされる。
セックスワークは、それが極端に、可視化される職場だ。
だから、セックスワークが安全に働けるような社会、ってことは、女性労働者すべてが、尊重されて働ける社会になるってことだ。


セックスワーク、って考えると難しく感じるけれど、単純に、お金を払ってもらって、人間らしいやり取りをする、ってだけ書けば、それはとても良いことのように感じる。
わたしも、そうやって、働いている。それで満足している。

なのに、セックスワークについて、考えると、同じ内容のことなのに、難しい気持ちになる。
難しい気持ちになる自分を持て余している。


わたしは自分を鍛えて、セックスワークに携わらない、当事者なんだよな、と思う。
難しい気持ちになることを含めて、わたしは当事者だ。
できれば、難しい気持ちにならずに済みたい。


これとかは、セックスワークも介護もバカにしている。
介護には確かに人がいなくて困っているけれど、だからといって、足下を見るのは良くない。
働く場所が内んだったら、介護やれば良いでしょ、と他人が、他の人の職業選択の自由を、尊重しない発言をするのは良くないことだ。




セックスワークに携わっている人は、転職がしにくいらしい。職歴に空白が残ってしまうから。


だからといって、介護をすれば良い、というのは、介護の仕事もバカにしているし、セックスワーカーを厄介払いしているようにも見える。


でも、職歴に空白があると働きにくい、というのも問題だ。それは、わたしにとってだって、不便なことだ。わたしにも職歴に空白があったから。

でも、それは男性だって困ることだ。男性も、空白があったら就職しにくい。
女性が困っていることは、男性だって困ることだ。
女性に負担が偏っていたら、男性も困るのだ。


給料ひとつとっても、女性が低く抑えられるせいで、優秀な女性が荒れくらいの給料だから男性も抑えていいのだという言い訳になってしまう。

セックスワーカーが困っていることは、わたしも困っていることだ。
だから、わたしは考えたい。