読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

悲しい事

わたしは勉強が得意だったので、それを頑張ってきた。
だから、勉強を生かせる仕事につけた。
でも、悲しくなる時がある。


大手企業でバリバリ働いて、わたしよりずっと収入のある人がいたり、結婚して子供を産んで育てている人を見ると、悲しくなる。


わたしの能力をもっと生かせる場所があったんじゃないかって。



できないことをサポートしてもらえれば、もっとできることがある……、と妄想してしまう。
わたしには、わたしなりに能力があるんだって、思っているから。



いわゆる定型の人が、世の中の流れに乗って、それ自体が、たいへんだったり、幸せとは限らなかったり、子どもや妻を養わなければならないつらさがあったりするのは知っている。


わたしにはそれがないから自由でいられる。世の中の流れに乗っていないから。でも、乗ってみたかった、という気持ちはぬぐえない。
そっちの人生はどうだったのかな、なんて思う。



同窓会に行くと、何やってるのって聞かれる。正直に答えるとバカにされる。
わたしなりに、築いたものがあるんだけどな……。


同窓会にはきっともう行かないだろう。


わたしはハンデを補うべく、行政を利用してきて、その知識がある。
だから、もっと困っても、助けてもらえる自信がある。それは技術だから、ない人にはないしある人にはある。
それ自体不公平なことだけど。


世の中は不公平に満ちている。
だから、自分がやりやすいように知恵を絞らないといけない。
その知恵の絞り方はずいぶんうまくなったと思う。


でも、やっぱり、今日みたいな夜には、「普通」になりたかったと思う。
診断が下りていないころも「普通」に憧れていた。
今も憧れている。



自分の障害の範囲で頑張ることと「普通」の人の苦しみの中で、普通の人が頑張ることと、同じだったらいいのになあ。

広告を非表示にする