読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

非モテ、というが、嫌われているんだよお前は

モテない、ということを免罪符に、通り魔のように暴力を振るうものがいる。
モテない、そりゃモテないだろう、暴力に無自覚で、被害者意識に染まっていては。


見た目じゃなくて、内面がだめだから、モテないんだと、教えるものがいないほど、嫌われている。また、教えるものがいたとしても、耳を貸さない頑迷さ。


モテない、とはどういうことだ。



発見されて、惚れたと言われ、口説かれて、一度拒否したところをどうしてもとまたせがまれてそうして、折れるところまでを一連としてモテないというのかな。そうとしか思えない。


モテなければ人に暴力を振るっても良いと思う価値観の狂い方を好ましいと思う女がいるものか。
モテなければ脈絡もない言いがかりをつけて甘やかしてもらえると思うその性根が。
腐っている。


理屈のなさ、言葉のやり取りのできなさ、しゃべっているようでしゃべっていない、筋が通っていない、こちらの話を聞いていない、話しっぱなしで、それでいて、こちらが理解していないとだだをこねる、無関心な、初対面の赤の他人に、女を選んで管を巻く、お前のようなやから。


非モテと自ら名乗るある人の失礼さ、迷惑さ、それに無自覚なところ。女性差別をする気持ちが強く、それに自ら復讐されていること。その価値観に反逆されていることを理解できない知性のなさ。


以上の理由から。
わたしは嫌いだ、お前を。
恋人を獲得するための努力のなさでもなく。
頑迷さと醜悪な差別意識において。