読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

偏差値の低い大学に進学すること

偏差値の低い大学に行くことをどうするか、という相談を生徒さんから受けたので書く。


答えから書くと、偏差値の低い大学に行く意味はある。


それはなぜかというと、どこの大学でも、先生は一流だから。
今は先生が余っている時代なので、こんなところにこんな素晴らしい先生が?ってこともありうる。
偏差値が低いと何が違うかというと、「友達のまじめさ」が変わってくる。
偏差値が高いと「勉強に慣れている人」がたくさんいるし、そうじゃないと、「勉強に慣れていない人」が多い。ってだけで、人間性が低いとかそういうことはない。


偏差値が低いから、大学もそれほど偏差値の高いところにいけない、っていう風に悩まないでほしいって話した。


その子は経済学を学びたいって言っていたので、「偏差値が低くても、勉強を教えてもらったり、相談に乗ってくれる人のいるところ、場に行くことは素晴らしいし、可能性が広がるよ」と伝えた。


知識はいつでも身を助けるよともお伝えした。


世の中のことをわかって、騙されないようにするには、勉強はとても役立つし、なんなら、自分に自信がつくよって言った。
女の子は、自信をへし折られるケースが多いので。

広告を非表示にする