読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

男女の性差があるとしたら(言葉遊び)

男女の性差があるとしたら、男性の特質は、現代社会で不利に働くでしょう。
(ブクマがひどいので、対抗記事を書くことにしました)
(まあミサンドリー


肉体的な強さは、現代社会では、機械に置き換えられ、ほとんど、一部の状況を除いては、あまり活躍の機会がありません。



(男性の方がうまいと言われていた、自動車の運転さえも、女性は練習すればするほど安全に運転するが、男性の場合は自信をつけて、危ない運転をしがちだとか)




男性の特質として、すぐに思いつくのは、暴力性や、反社会性です。暴力に対しての、敷き居は非常に低いですね。大声を出したり、人を殴ったりする場面を何度か見ましたが、その主役は、男性ばかりでした。


また、他の反社会性があるという例を挙げると、男性は、他人の権利に対する、意識が少なく、簡単に性暴力を振るうようです。
(痴漢のほとんどは、男性だそうですね。人権意識があれば、決して、他人に許可なく触れることはしないはずです)
それも、論理的思考能力の欠如の結果ですね。論理的思考能力があれば、自然と、人権侵害は良くないことだ、とわかるはずです。社会の一員としての自覚さえあれば。

誰でも、人権については学んでいるはずなのに、それを現実で応用できないわけですから、それは、現代人として、非常にまずい事態だと思います。


そして、そのことを、男性同士で、改善していこうという姿勢が見られないのも、やっぱり、性差による現象なのでしょうか。性暴力を振るうのが、ほとんど男性だ、という状況で、自分はしないから、といって、コミットしないのは、想像力に欠けていると思います。


自分がしないからといって、社会問題になっていることを、改善していこうという姿勢をみせる人が少なく、女性に自衛を求める、というのは、根本的な解決になっていないことは自明だと思うのですが、痴漢撲滅は不可能だと、男性は考えているのでしょうか。
(女性に自衛を求めれば求めるほど、女性は恐怖前提の生活を送らなければならないし……そういうことも想像していただけているのでしょうか)


性欲は本能だから、抑えられないとしたら、それも、現代社会で生きていく上で、生きにくい性質をお持ちだなあと思います。


(女性の場合は、性暴力被害者のために、自助グループを作っているようです)

男性は、自分の感情表現がうまくないので、不満なときには、それを言葉で表現することが難しいようです。不機嫌さで、相手を圧迫し、自分の思い通りにしようとする姿勢の男性を何度も見たことがあります。
これも、現代社会には不向きな態度と言えるでしょう。


また、言語表現も苦手で、大きな声を出して、相手を威圧し、交渉に臨むことが多々あります。
それを有効だと考えている人が、います。
人を暴行する犯罪者の八割が、男性だとか。殺人犯も含めて、ほとんど男性がなるそうです。
女性は、基本的には、会話で解決することが多いようですね。
このことは、女性の言語能力、交渉力、コミュニケーション能力の高さを示していると思います。
女性は、自分の気持ちを表現することにも、長けています。



論理的思考能力はどうでしょうか?個人差も多いと思いますが、ブクマを見る限り、たとえば、女性棋士についてですが、教育や環境、男尊女卑の歴史(以前は、女性は教育機会がありませんでしたから。今はあると言っても、教える側の意識によって伸び代は左右されるし、男性は資料を渡さないなど細かい嫌がらせをするものです)の差を無視して、女性の資質だけに、注目して「女性棋士がいないのは、性差としか考えられない」というわけです。

これには論理的思考や、広い視野が欠けている意見だと思います。

男性には論理的思考ができない、ということを書くと、「証拠を出せ」という人がいますが、鏡を差し上げたいところです。わたしが劣っていると思うのなら、わたしにわかりやすいように、論理的思考能力と言語能力を発揮して、説明してくださっても良いのでは?


親切に。


親切、という言葉を書きましたが、男性には親切心も欠けている場合が多いようです。
困った状況になったとき、手を差し伸べてくれるのは、女性がほとんどです。
また、男性は、育児する気持ちがあまりありません。
イクメンという言葉があって、イクウーマンという言葉がないことからわかるように、今は、子育てを請け負っているのは、女性の場合が多いようです。
社会を構成する一員として、大人として、それは意識が足りません。これも、性差によるものでしょうか。もしそうだとしたら、社会意識が低い、という状態を示唆しています。

また、離婚したときに、養育費を払う父親が非常に少ないのだとか。
これも、責任感の欠如を示しています。


男性は、家事能力が低い方が多いらしいです。
また、出産能力さえありません。子どもを産まない女に価値がないとしたら、男の人はどうなってしまうのでしょう。どうしたって、産めないですよね。産めない上に、子育てを放棄する方も多い…。子育てばかりか、養育費さえ、払わない男性が多い…。
嘆かわしいことです。
寿命も短く、自分の健康管理が苦手な方が多いようです。理性的であれば、健康管理をきちんとすると思うのですが。



自分の思っていることも伝えられず、すぐに怒鳴ったり、暴力に訴えたりするのも男性が多いですね。
また、性犯罪をする性は、ほとんどが男性らしいです。
支配欲や、性欲、加害欲をコントロールできないのは、性差としたら、問題ですね。
それが性差だとしたら、現代社会を送る上で、非常に不利な特質です。

直接加害者にならない男性も、被害者を思いやる場合はあまりなく、優しさも少なく、それよりも、常に、自分がえん罪被害を受けることを優先して心配します。えん罪の問題は、警察や司法の問題なのに、女性側に問題を転嫁してしまうという状況もよく見ます。それは、論理性を欠いた行動です。
そして、女性を攻撃するさまも良く見ます。男性的な暴力性の発露でしょうか。
攻撃性!それこそ、男性らしさだと、わたしは考えています。



コミュニケーション能力も低いようです。女性がいやがっていても、気がつかず、性的嫌がらせをしてしまうことも良くあるらしいです。それは、コミュニケーションの基礎ができていない、証拠と言えるでしょう。


また、乱暴で、注意散漫です。良く聞くのは「子どもを見ていてね」と言われて、子どもがけがをするまで、ぼーっと眺めている男性もいるのだとか。
それは、個性でしょうか、性差でしょうか。個体差でしょうか、わたしにはわからないのですけれど…。


マルチタスクもできないし、同時進行で作業をすることも難しいそうです。
また、細かい差異に気がつく能力も低いという研究を見たことがあります。

現代社会で役に立つ能力は、共感能力の高さ、優しさ、言語能力、注意深さ、マルチタスク、などだと思いますが、それはたいてい、男性が苦手とされているものですね。


また、性欲のコントロールができない、ということも良く聞きます。これも、現代社会では致命的な欠点です。また、その言い訳として、「男の性欲は本能だから」という言葉を使うこともあります。
本能!本能がコントロールできない。本能がコントロールできないのは性別云々ではなく、もう、トイレトレーニングなど、それくらいのレベルではないでしょうか。

もし、それが本当だとしたら、社会生活を営むことは、根本的に難しいのではないでしょうか。
また、その言説のおかしさは男の性欲について限定して、女の性欲はそうじゃないと思っていることにもあります。

これは、非論理的で、自分勝手で、コントロールできない理由を何一つ説明していな言い訳です。
これが、本当に、男性から出て来た言葉なのか、いつも疑うのですが、本当にそうみたいですね。男性自身が言うことをそのまま信じると、男性は論理的思考が得意だ、ということなのですが、説得力を感じませんので、論理的思考だけではなく、言語能力も乏しいような気がしてしまいます……。



また、ポルノグラフィー。男性は、ポルノグラフィーが大好きです。
そして、それを公言しますし、どこの場所でも買えるように主張します。
人前で見ることさえします。ポルノグラフィーには何の罪もありませんが、いったいどうしたことでしょう。
羞恥心を覚える人の前では差し控えることはできるはずだと思います。
過激なポルノグラフィーだとしても、どこでも売るべきだと、表現の自由を持ち出してまで主張する場合もあるようです。また、それが過激かどうかを判断すること自体ができない方も見受けられます。麻痺していらっしゃるのでしょうか。


ネット上の動きを見ると、加虐的な、虐待的な表現のものや、未成年に見える女性の表象を利用した表現も多いですね。良く知りませんが、そうしたものがメインストリームなのではないかと、思うこともあります。
(ポルノグラフィー自体は悪だとは思っていません。ただ、売られ方や、管理の仕方に問題があると思っていますが、男性からそれについて、問題があると考えている人は少ないようですね)


これは、論理的なはずの男性が、いったいどうしたのだと思わざるを得ません。
違法なポルノグラフィー、人権を侵害したポルノグラフィーなどを、自制しよう、という試みをしている方もあまり見ません。実際、ポルノグラフィーの販売状況や、公開状況は、野放しになっているのが実情で、ゾーニングにさえ、反対する方がいるとか!
表現物は、現実に影響を与えます。
もちろん、男性の性欲や、欲情にたいしても、影響を与えるでしょう。
ポルノグラフィーに慣れた人は、だんだん刺激に麻痺していって、より、強い刺激のある表現を求める場合があると読んだことがあります。
ポルノグラフティー依存は、深刻な問題です。
しかし、その深刻さ、深刻であるという事実自体を、認識していている男性が、少なすぎるのではないかと、思わされる現状です。
本当にポルノグラフィーのことを好きだったら、真摯に考えていくのが本当ではないのかと、思うのです。論理的な思考能力をお持ちのはずの男性は、どうして、ポルノグラフィーの管理や、販売状況や、ゾーニングなど、それらについて、真摯に取り組まれないのか、不可解で仕方がありません。




人は知らず知らずのうちに、メディアから、行動を学ぶのです。
それに対して、いくらなんでも、無防備では?
欲情は一人でもできますが、相手がいる場合もまたあるでしょう。
また、その学んだ欲望をぶつけられる相手が、「人間」だとしたら!
いかにも背筋がぞっとする話です。
歪んだ欲情を学び、その歪みに気づかず、実際の人間にその欲情をぶつけることについて、無反省の男性がいる……、なんて恐ろしいことでしょう。
それも、成年の女性だけではなく、未成年に対しても、向かうことがあるのは、ニュースを見ていれば、誰もが知っていることだと思います。
なんと恐ろしいことでしょう。
彼らの性欲が、彼ら自身が主張するように、コントロールできないとしたら。
一緒に社会で暮らしていく上で、危険だと判断せざるを得ません。


また、男性のためのAVについても、問題があります。
撮影現場で、明らかな人権侵害、虐待行為、女優さんのからだを傷つける行為、いやがる行為の強制、契約違反などが起こっているそうです。ルポタージュを読みました。そういうことが書いてありました。
その、犯罪現場を撮影された動画を見ることに、男性は問題意識を感じず、ただ、消費しているように見えます。
また、AVの評価などを見ると、より、過激な行為を煽動するコメントも多く、もし実際にそれを実行したら、女優さんの健康が明らかに害されるであろう内容もありました。
(コンドームをつけずに性行為をしろ、と書いてあるコメントも珍しくないのです。恐ろしい話です)


それについて、男性は、これは自分たちの問題であると、立ち上がることはしないのでしょうか。
その、歪んだ状況について、正義感を持って、問題意識から、立ち上がることはしないのでしょうか。
もし、本当に、男性たちがAVを好きだったら、その大事なものを守るため、また、女優さんの人権や、健康を守るために、考えることが、社会的動物である人間のつとめだと思うのですが、そのような動きを一度も聞いたことがありません。


また、水商売や、セックスワーカーが、虐待されたり、殺されたりしても、加害者に罪が軽い問題に対して、そのサービスを受け取る男性たちが、怒りをあらわにしているところも、あまりみたことがありません。それどころか、性暴力被害者をセカンドレイプする、男性さえ存在するのです!

自浄作用はないのでしょうか…。


男性が、もし、本当に社会的に適応性が高く、優れているのならば、こんなことはありえないでしょう!
わたしは驚かざるをえません。


と、今日もミサンドリーなので、荒れそうな話題を書いてみました。
この話題に対する反応如何で、「ああ、男性はやっぱり……」と個人的に感慨を深めることになるのだろうな……、と思っております。
予測通りにならないことを、男性のために祈っております。


追記
(こういうことを書くと、データを出せ、根拠を出せ、統計を出せ、証拠を出せ、という方がいらっしゃると思いますが)
(それも攻撃性の証明になると思います)



追記
(女性の言語能力の高さは自明なのか、とはてブに書いてありましたが、
この文章の文意を正確に読んだ方もいるので、この文章を正確に読めなかった方は、言語能力が低いと言えるでしょう。男女関わらずね。

女性は勝手に言語能力が高い…けれど、と言われる存在で、揶揄のひとつだったので書いたのですが、根拠を示せというのなら、男性が暴力で物事を解決しようとするのが目立つ一方で、女性は、それはしませんよね。つまり、言葉で自分の要求や気持ちを伝えることができるわけですから、言語能力が高いと言えるしょう)


(やっぱり揶揄する方が現れたので、この言葉遊びがいくらか証明できました)
(男性にもし論理的思考能力があれば、女性を貶めることで能力を発揮させない、というのは社会的損失だということは自明のこととしてわかるのに、どうしてその部分に、多くの男性は論理的思考能力を発揮しないのだろうか、という指摘もあったことを付け加えますね)

記念すべき900目の記事でした。c71.hatenablog.com

広告を非表示にする