読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

おれはフェミニストなのに女の自称フェミニストに攻撃されたからアンチフェミニストになっちゃうとか言っちゃうやつは滅びろ


これがフェミニズムだとしたら、弱者男性はアンチフェミニストになると思う - Togetterまとめ



そういうわけなら、あなたみたいなフェミニストはいらない。
なぜなら、あなたは「そんなことじゃ人が離れてしまうよ、フェミニストよ」と言って、女性を脅しているからだ。弱者男性がアンチになるよ、と言っているのはおどしだ。

一緒に考える姿勢があるとは言えない。


一緒に考えていこうという姿勢があるのならば、あなたをフェミニストだと言っても良い。その可能性はあった。
知らなくても学ばなくても感性がなくても、フェミニストたる、可能性はあった。

だけれども、題名に、「これがフェミニストだとしたら、弱者男性はアンチフェミニストになる」と書いた時点でだめだ。


一緒に考えていく姿勢がない時点で、人ごとだ。
自分ごととして考えないフェミニストなんて存在してはいけない。
それは、思想であり、行動だからだ。もてあそぶものではない。
ましてや、人を脅すための者でもない。
わたしは、フェミニストが共感される必要はないと思っている。
共感されるために膝を折る必要はない。わたしたちが膝を折ったそのとき、差別を受け入れてしまうのだ。
わたしたちは敗北することがある。そのときに膝を折ることもあるかもしれない。しかし、それは誰に対して膝を折ったわけでもなく、ただ、力つきただけで、また立ち上がっていくのだ。



男性も女性も生きやすい世の中になれば良い。
だけど、そうじゃない。


少子化は、男性も女性も生きにくいから起こっている問題だ。
わたしは、このように生きにくい世の中だったら、少子化が進んで、国が滅びても面白いと思う人間だが、少子化とは、この地域が、つまり日本が、住みにくいことのひとつの指標となっていると思う。

それにたいして、考えるひとつの道具としてフェミニズムがあると思う。


人が生きやすくするための道具に対して、アンチになるとは、まったく解せない。



アンチフェミニストが増えると、言い募る、そういうことをするあなたはフェミニストではない。


また、あなたは権利構造を逆転して考えているからだ。
女性の方が優遇され、男性の方が差別されていると考えているようだ。そう読めてしまう。そういう意図じゃないかもしれないが、わたしの感想は以下だ。
世界を感知する目が曇っている。
日本に、女性差別が存在せず、女性に権力があって、男性にはない、と感じるその感性において、また、知識を得ようとする姿勢のなさにおいて、行動のしなさにおいて、フェミニストではない。

行動し、考え、調べる、わからなくても、自分自身で考えていく、世界を見るための枠組みを変えていく、それがわたしの考えるフェミニストだ。


フェミニストとは何か。女性の権利について考える人のことだ。
男性が女性の権利について考えたらフェミニストだ。




だけど、このリンクで女性の権利について、また、権力の構造について考えている部分はどこか。
ない。
弱者男性の方が大変だとひたすら述べているだけだ。
女性がいかに、差別されていると述べられている部分はない。

自分自身が、フェミニストだと、人から思われそうなことをどうしても載せたくないのか。
女性も大変だと言っているけど弱者男性も大変なの、権力がある女性から弱者男性は虐げられているし逆差別があるのをわかってない!ってだだこねているようにみえる。


逆差別という言葉しか用意できないのが、この男性の限界だと思う。
今回の内閣でも女性の割合は三割を超えていない。
その時点で、政治の世界は男性社会だとわかる。


女性のホームレスが少ないのは、路上生活を送る上で、レイプの心配があるため、路上生活さえ送れない現実があるからだと聞いた。そして、女性の路上生活者もいる。だから、男性ホームレスをわざわざ引き合いに出し、男性だって、差別されていると言うのは筋が通らない。


そうしたら、わたしはこの人の言うところの、弱者女性ではないか?障害を持っていて、非正規雇用で働いているワープアだ。でも、わたしは逆差別を受けているとは言わない。わたしは、差別を受けているから、非正規雇用なのでもない。わたしは自分の体力の限界があるため、非正規雇用で働いている。選んでいる。



わたしは自分が弱者なんて思ってはいやしない。



腕力が女性よりも男性の方が多いなんて個々の辞令で見るべきだと書いてあるが、詭弁だ。わたしよりも腕力の劣る男性がいるとしたら、それは運動不足なので、多少なりとも運動した方が良かろう。男性の方が腕力がある、というのは、逆差別なのか?どうでもいいが、逆差別という言葉の意味を知らないで読むと、差別の逆だから、「優遇されている」って読めるんだけど、そんなつもりなんじゃないだろうな。



どうして、真の弱者は男性だ、ということになるのだろうか。



同じ貧乏だったら、同じくらい男性も女性も貧乏だ、と言う話だと思う。そして、男性の方が就職しやすいのはあらゆる統計が指し示しているし、男性の方が昇進しやすく、収入も高いと言うこともあらゆる統計が示している。ある属性が、収入の多寡を決めている現実が日本であるのだから、それは差別だ。



なぜ、ホームレス男性と、女性大学教授を比べる?日本における女性大学教授の人数がどれだけ少ないのか知っていてそういうのだろうか?


それを知っていて書くのなら阿呆だし、知らないで書くのなら阿呆だ。どちらにしても阿呆だ。


弱者男性、弱者男性、と連呼し、ホームレスや、弱者男性が納得しないと言うが、貧困に陥りやすいのは女性の方が可能性が高い。


雇用差別があるからだ。そして、教育の程度よりも、性差の方が、収入の多寡にクリティカルに効く、という現実もあるからだ。


出産、子育てに関しても、男性は逃げられるが、女性は逃げられない場合が多いため、それも、貧困の原因になりやすい。


わたしは弱者女性だと、自分であえて言ってもいいが、けっして、一生、アンチフェミニストにはならない。弱者男性のレベルと同じくらい、弱者女性だと、あえて言わせてもらうが、絶対に、アンチフェミニストにはならない。
個々のケースで考えるとしつこく言っているが、個々のケースで考えるのならば、弱者女性のことも考えて、ものを言ってほしいし、弱者男性とひとくくりにしてものをいうことは矛盾している。


正直に言って、おれはフェミニストなのに、このままだと弱者男性がアンチフェミニストになってしまうよ、と憂慮するようなやつは、いらない。
いらない、というのは、わたしの世界において存在しなくていいということだ。違う世界線に存在してください。

それは、男女同権とは関わりなく、頭が良くないやつがどこにも存在しており、そういう人が、甘えた根性で、わかってもらえないと敵になるよ、という時点で、男女同権論者じゃない、というのを語るに落ちていると言うところで見物だった。