読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

モラルを爆破せよ ミサンドリーという名の手榴弾

モラルを押し付けられて分断される女が、ミサンドリー、男という組織を憎まずにいるのは難しいことだ。
モラルなんて、くだらない。男社会を円滑に回すための恣意的なルールだ。
そのために、女の心が殺される。
モラルを作る側には都合良く、守らされる側には、苦痛ばかり。
それがモラルだ。
モラルは、男に大義名分を与え、弱いものを攻撃する理由を作る。



モラルは女を分断する。
孤立させる。
周縁化させる。

普通の女と、何をしても良い女とを分ける。
分けるのは男だ。
モラルを作るのも男だ。
女はそれをこわごわ守る。
だけど、モラルの運営はいつでも恣意的だから、どんなに気をつけても、わたしたちは転落する。


例えば、被害者になっただけでも、汚れた女と糾弾される。
まして、被害者になったと言上げをすれば。
さらに、何をしても良い存在になる。
それをセカンドレイプという。
セカンドレイプ複数に無限に飽きて壊されるまでされる。壊れてもされる。

職業でも、汚れた女と呼ばれる。
ただ、食べて生きていくためですら、モラル、というものは許さないらしい。


そうして、女は、分断される。恵まれた女も貧しい女も等しくモラルに裁かれる。


わたしにはミサンドリーがある。社会的に迫害されているからだ。個人の資質以前に、性別で切り分けられている。社会は、男性のためにある。男性たちがわたしを迫害する。


ある男性がわたしに危害を加える。これは、個人的なことだろうか?
男性はわたしが「女」という属性を持っていたから、容易く犯行に及んだのではないか。
わたしを襲った男は、女だったら誰でも良かったと供述していた。
わたしが、犯罪に遭ったのは女だからだ。


2chで、わたしが被害を告白すると、揶揄される。
わたしは感情を表明することも押さえつけられる。
それは女だからだ。



女という表象を持っている場合、黙すのがモラルなのだ。
モラルは、男性社会に都合良く設定されている。モラル通りに行動していると心が死ぬ。
女は、あらかじめ心を殺すように設計されている。



味方面をする人もいる。しかし、そういう人はわたしにモラルを押し付ける。よかれと思って。こうすれば良いと思って。それは抑圧だと反論すると、豹変して、攻撃してくる。それは、言い返すわたしの属性が、女だから。女だから庇護して矯正してやろうと思っていたのに、「論理的じゃなく」「感情的に」「女特有の愚かさで」言い返す女のことを男は好まない。



わたしは論理的だ。感情的だ。どちらでも良い。だが、男が論理的で女が感情的だと言う区分を男が決めたことが気に食わない。だから、わたしはミサンドリーだ。


女が「女である」だけで、危害を加えられる、という現実を認識できない愚かな奴らがいるらしい。そいつらの多くは「男」という表象を持っているらしい。
ならば、わたしはその男という表象を持っている奴らを憎んでやる。
攻撃されたら怒る。反撃する。
反撃した結果、逆上されて、より大きな危害を加えられても。
わたしは心を二度と殺されない。



構造的な加害を受け続けて来たから、わたしは男が嫌いだ。憎い。
男に殴られたことがある。女も痛みを感じるのか、試されたのだ。当然痛かった。痛いと言った。彼はわたしが痛いと言ったのを冗談だと思った様子でまた殴った。彼は男を殴らなかった。わたしは女だから殴られた。
これは、構造的なことではないのか。
女という性質を持っている存在を、同質にとらえて実験する神経を持つ人間の集団を憎んで何が悪い。


女という表象を持っていても、その実、中身はカラフルだ。
カラフルさに歩み寄る男がどれだけいるのだろう?


男たちはどこまでカラフルなのか、わたしは今まで見ることができなかった。
理解しようとした。殴られても襲われても。
しかし、彼らはカラフルではない。
単一だ。鈍いグラデーションの持ち主だ。



庇護と攻撃は同じものだ。男はわたしを庇護しようとする。庇護しながら攻撃する。抑圧する。素敵な「女」に仕立て上げようとして、はみ出た部分を切り取ろうとする。それはわたしの一部なのだが。切り取れば血も流れるのだが。彼らには想像力がないらしい。
わたしと彼が、同じ人間で同じように痛むのだと、想像する力が男社会の恩恵を受けるうちにスポイルされてしまったらしい。



成人して独立した人間に、一方的に庇護しようと持ちかけてくる人間は抑圧と制限をセットで持って来る。


それに「モラル」と名付けて差し出す。わたしはそれをはねのけるが、そうすると、「可愛くない」「愚か」「他にも女はいる」と言われる。「だから女は」と言われる。薬を盛られて昏睡したこともある。わたしを夜道で殴った男は、刑務所から出所するそうだ。彼は弱そうな「女」を物色した。弱そうな「男」じゃなくて。そういうことをわたしは憎む。わたしでなくても、女であれば、彼は良かったのだ。
そして、わたしがこうして言葉を発すると口を塞ぎにくる、おぞましい人間を憎む。彼らは男なのか?男社会に順応し、価値観を内面化した名誉男性なのか?どちらにしてもかまわない。わたしは彼らを憎み、怒る。



どうして、あなたはそんなにも、罵詈雑言を吐くのですかと言われる。
その不安定さは伝染すると言われる。


だからなんなのだ。わたしは怒っている。それを妨げられるいわれはない。
攻撃されたら叫び怒り反撃する。当たり前のことだ。
黙っていた方が無難だ、というルールはいつからできたのか。
スルーする方が偉いのか。無難なのか。処世術として、その方が賢いとされるのは不均衡があるからだ。
心を病むほど攻撃されるほど続けるつもりはないけれど、不当な攻撃には反撃すると決めている。
それは、「あなたは心に傷があるからですか」と書かれたが、心に傷が内人間がいるのか?いたとして、それがなにか、関係あるのか?
どうでも良いことだろう。


親切面して、アドバイスしてくる人をわたしは憎む。
境界を侵略する人間を憎む。それらの人々がどれだけ「モラル」を持っていたとして、わたしがわたしであるための、「女」という属性を持ちながら生きていくわたしの邪魔になるのなら、わたしはミサンドリーのままでいる。



モラルがある人間は扱いやすいのだ。男社会の恩恵を享受している連中にとっては手なづけやすい。自ら自分を律してくれるのだから。自ら、自分を社会の形に合わせて矯正してくれるのだから。
じゃあ、わたしはそいつらに、利益を渡す義理はないのではないか。わたしが矯正されることによって心を殺した結果を誰も責任を取ってくれなかったのじゃないのか。責任をとりようもないどころか、心を病んだわたしを、キチガイと呼び、頭がおかしいと呼び、狂っていると呼んだその声をわたしは忘れない。



モラルとミソジニーの会わせ技がわたしの心を殺しにくる。わたしの心は一度殺されかけた。
もう二度と殺されない。
ミサンドリーという手榴弾を心に抱いて、わたしはモラルもミソジニーも爆破する。


モラルに、ミサンドリーという名の手榴弾を投げつける。
懐にいつも、隠し持つ。殺せるように。いつでも。息の根を止められるように。男社会という名の、幻想かつ実体のある何かを。


c71.hatenablog.com