読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c71の一日

生活の記録

他の人が人生を積み重ねていた時に親と戦ってた

親に洗脳されて生きていた時、自分を殺されていたので苦しかった。
家族にいじめられるのって、本当につらい事だった。
友達と話して、泣いてしまった。
だらだらと。


親の言うことを聞いている間も、それから逃げるのも、すごく大変だった。その間に他の人が積み重ねてきた幸せみたいなものを、全然獲得してない、と思って焦った。


でも、そういう経験値を積み重ねることと、幸せを積み重ねることと、同じだって言われたから安心した。
マイナスをゼロにしただけ、って泣きじゃくっていたけれど。


親はわたしを生かしてくれたけどわけのわからないいじめ方をして、何度も死ぬかと思ったし死んでもいいと思ったけど死ななくてよかった。
わたし、大事な友達がいるから、死のうとは思わない。
生きていること自体で誰かの役に立っているとは思えない、まだ。
だけど、役に立たないけど生きていて、いいかなと思う。
喜ばれることもあるし喜ばれなくてもいい。
わたしは生きているの楽しい瞬間がたまにある。